日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
ゴンザレス、使えそうだ
2013年03月20日(水) 22:14
打線はホークス武田くんに6回まで手も足も出ない状態で、5回まではノーヒットピッチングをされた。
武田は7回もマウンドにあがったが、この回から急に制球が定まらなくなった。

こちらのディッキー・ゴンザレスも粘り強いピッチングで6回を3安打7奪三振の無失点で抑え、何とか開幕ローテーション入りできる状態になったのではなかろうか。

今後、唐川とグライシンガーのテスト登板があるわけだが、何とか成瀬、藤岡、俊介、グライシンガー、ゴンザレス、唐川と6枚揃いそうだ。

しかし、この6人が通年働けるとは考えられず、代わりになる候補も2~3人欲しいところだ。

大谷もピンチは作ったけれども、無失点で2イニング。
今日もラストは益田がしめて、クローザーは益田で行くことは確定だろう。

結果的にはホワイトセルの2点タイムリーなのだが、バットを折った当たりが外野の前に落ちるというヒットで、調子が上がって来ているとは言いがたい。

パリーグの残り5チームはどこも新外国人野手を補強し、クリーンナップを組んでいるが、今江、井口、福浦というクリーンナップは、純国産と言えば聞こえはいいが、なんとも心許ない。
野手の新外国人獲得に動かなかったフロントには合点が行かない。

ホークスもラヘアを取って、ペーニャととも4番、5番とクリーンナップに入れている。

7番DHで左ピッチャーの時には使えない選手を唯一の外国人野手として、事足れりとしている球団は他にはない。

ゴンザレスが使えそうだ、というので思い出したが、ジャイアンツが昨オフ切った、野手の方のエドガー・ゴンザレスは、今季のプレイ先がまだ決まっていないようなのだが、ブラブラしてるなら、1500万円+出来高くらいでどうだろうか?
エドガーは出番さえあれば、そこそこのパフォーマンスをしていたように思うのだが。

gonzarez_20130320.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<早稲田グリークラブのCD届く | 日々の雑学 | 福浦和也 まだまだ健在!>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。