日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
藤岡、何とか勝利
2013年04月03日(水) 23:20
昨シーズンMVPの吉川との対戦なので、形はどうあれ、勝てたのは大きい。

score_20130403.jpg

3回の表裏の両投手が急に連打を浴びた以外は、動かないゲームだったけれども、何とか逃げ切れた。
1点リードの8回は伊藤を出すかと思ったのだが、南昌輝だった。
ノーアウト3塁のピンチを背負ったが、何とか無失点に切り抜けた。

今日は福浦を下げて、右の細谷の起用だったが、決勝の犠牲フライ以外にも良い当たりを飛ばしており、今シーズンは細谷も少し期待してよさそうだ。

しかし8回裏は追加点のチャンスだったけれども、投手が右の鍵谷に替わっていたのに、二死1・2塁で捕手川本に代打を出さなかったのはどういう判断だったのか。
その前の細谷は当たっていたので、右左に関わらずそのまま、という判断もわかるが、投手が右に替わった以上、福浦、ホワイトセル、大松、鈴木大地、金澤とズラッといる左バッターを一切使わないで終わった8回裏の采配は納得が行かない。
捕手川本に代打を出しても、9回の表だけ、金澤がマスクをかぶれば済むだけのことだ。

ファイターズは、最終回ホフパワー、二岡も代打に送っているのと対照的だった。

6安打を打っているのが、そのうち5安打は3回に出ていて、それ以外のイニングはさっぱりだった。

藤岡は、3回はドタバタしたけれど、コントロールがしっかりしていて、昨年以上の内容を発揮できそうな予感。

大引の加入は非常にイヤな感じだけれども、昨シーズン大苦手だったファイターズ戦のシーズン初戦を勝利できたのは大きい。
先発投手に勝利が付き、益田にもセーブがついて逃げ切れたのも良かった。

明日の予告先発は唐川が発表され、雨にも助けられて、とりあえず2カードは回ったが、金曜からのKスタでのイーグルス戦の先発のやりくりが厳しい。
次のライオンズ戦までも見ると、中5日を挟まないと回らないだろう。

6被安打だったけれど、7イニングを投げて6奪三振、良い球は来ていた藤岡
fujioka_20130403.jpg

2回のライトフライ、3回のフェンス直撃ライン上ファウルの後の決勝の犠牲フライ、6回のセンター前ヒットとなかなか当たっていた細谷圭
hosoya_20130403.jpg

群馬県伊勢崎市出身の細谷圭と群馬県渋川市出身の藤岡がお立ち台
fujioka_hosoya_20130403.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<【SNSD】ソニョシデ最高だった! | 日々の雑学 | 「エドワード・コナーズ」>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。