日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
勝てた試合だったなぁ・・・
2013年04月17日(水) 22:20
勝てた試合だったと思う。

相手を上回る12安打に加え、四球を4つももらい、あと一歩が詰められなかった。

score_20130417.jpg

藤岡は良いピッチングをしていたのだが。

福浦、ホワイトセル、鈴木大地をスタメンから外し、サブローを4番、細谷圭を5番に入れて、根元角中以外は右バッターを並べた打線は、サブロー3安打、細谷は同点に追いつく基点となる2ベースに加え、外野手に捕られた当たりも良い当たりを飛ばしていたので、打線の組み替え自体は奏功していたように思う。

井口と今江がノーヒットだたのが、繋がりを欠いたことは確かだが、8回表に石井を攻めて、清田、川本の連続ヒットの後、清田にわざわざ代走岡田を出して、2死1・2塁で根元にヒットが出た場面は、2塁走者岡田は、ホームまで突入させて欲しかった。
もう2アウトだったし、一応50mを5秒台で走る清田に、代走岡田を出しているのだから、突っ込ませて欲しかった。
送球はそれる可能性もあるし、回は8回で9回は増井が出てくるのだから、最後のチャンスだった。
岡田自身は明らかに突っ込むつもりでサードベースを蹴っていたし、止められて驚いていた。

今日のこの場面だけでなく、今季からサードコーチャーを務める清水雅治コーチの判断は、慎重に過ぎる感じを受けることがしばしばある。
ホークス戦だったか、角中が清水コーチの制止を無視して強引にホームインし、生還した場面もあった。

前任の上川誠二コーチは、逆にちょっと回し過ぎの感があって、憤死する場面も多々あったのだが、上川コーチのちょっと無茶なグルグルを見て来たマリーンズファンにとっては、清水コーチの判断は慎重すぎるように見えるのではなかろうか?

石井から3安打して、1点差を追いつけなかったというのは何とも悔しい。

本塁憤死でチェンジと3者残塁でチェンジでは、8回1点ビハインドという場面を考えると、チームの明日へ士気とう面を考えても、チャレンジをして欲しいところだった。

前回も藤岡と吉川の対戦で、そのときも1点差ゲームとなり、前回は勝ったのだが、なかなか吉川相手に連勝というのは難しいか。

連日の2桁安打であることを前向きに捉えて、開幕のバファローズ戦の2試合連続延長サヨナラ以来ない、カード勝ち越し狙いたい。

ファイターズもまだ戦力整っていない部分があるので、この時期に勝っておきたい。

7イニング115球は相手の吉川と全く一緒、内容は悪くなかったけれど・・・
fujioka_20130417_2.jpg

今日4番に入って3安打のサブローは調子が上がってきているか
saburo_20130417.jpg

明日の唐川と木佐貫も先週と同じ対戦。
リベンジしたい。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:1 | トラックバック:0 | ↑top
<<唐川今季初勝利で久々のカード勝ち越し | 日々の雑学 | 今季最多16安打11得点>>
この記事へのコメント
v-8v-8v-8v-8v-8
2013年04月18日(木) 11:09 | URL | 某ファイターズファン #-[ 内容変更]

↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。