日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
今季初の3連勝で貯金出来たけど・・・
2013年04月20日(土) 23:50
今季初の3連勝となって貯金が出来たけれども、寒い雨の中の試合だったことを考慮しても、内容的には両軍ともに、天気以上にちょっとお寒い試合だった。

score_20130420.jpg

俊介がいきなり2回にフォアボール、フォアボール、デッドボール、フォアボールの押し出しでノーヒットで1点献上で始まった。
昨日の成瀬に続いて、先発投手の押し出しで先制点を進呈。

イーグルス先発のダックワースをなかなか捉えれない。

今日も突破口を開いたのは鈴木大地だった。
4回井口の2ベースの後、3試合連続となるタイムリー3ベースヒット。
3試合連続での3ベースは鈴木大地も野球人生初体験だとのことだが、解説の小宮山悟氏は「3ベースヒットなんて、シーズン通して出てても通算3本打てないのがいくらでもいますからねぇ」と。
確かにそうだ。

雨が降っていたので、5回を前にして同点に追いつけたのは大きかった。

今日は井口をDHにして、セカンドに鈴木大地を入れてのオーダーだったが、今江や井口の好不調や相手投手の左右に関わらず、使い続けて欲しい。

俊介はヒットは3本しか打たれていなかったのだが、6四死球と球は荒れていて、球数を多く投げていたのもあったが、5回表2アウト取ったところで、小斉の打球が足を直撃し交代。
上野にバトンタッチし、上野は5回はしのぐが、6回に牧田、嶋に連打を浴びて、次が左の聖澤、藤田となるところで、中後に交代。

左のワンポイントを求められている中後なのだが、全く役割を果たせない。
聖澤をフォアボール、満塁となって、藤田にタイムリーを打たれる。

中後は、とにかくストライクが入らないので、相手打者が左だろうが右だろうが、関係ない。
14日のホークス戦でも、長谷川、本多に対して連続四球を出して、アウト1つも取れずに交代した。
小宮山氏は中後について「中後は枠の中に入ればそうそう打たれるピッチャーではないけれでも、問題は枠に入るかどうか。」と登板前に語っていたが・・・。
彼はブルペンや投球練習では、要求したところにボールは来ているのだろうか?

上野が出したランナーだから、中後の自責点にはならなかったけれども、左バッターにフォアボールを絡めた失点をするのでは、使いようがない。

しかし、その裏、角中の2ベースから井口のセカンドゴロの間に角中3塁進塁。
今江が犠牲フライを打ち上げ、すかさず同点に追い付いた。
雨の中の試合だったので、いつ終わるかわからず、この同点は大きかった。
今江はヒットがなかなか出ず、打率1割台なのだが、一昨日のファイターズ戦でも2つの犠牲フライを打っている。

7回表、南昌輝が3者三振でスパッと切ったことで少し締まって流れが来たのか、その裏、先頭の伊志嶺がヒットで出塁したところでダックワース降板、金刃に交代。
金澤が送りバントを決めて、伊志嶺を2塁に送り、岡田には代打サブロー、金刃はサブローにフォアボールを出す。
先頭の根元に返って、ここで根元が逆転となるタイムリーヒットで伊志嶺生還、この試合初めてリードを奪う。

金刃も岡田に代打サブローが出されるのは折込み済みとしても、岡田、根元、角中と続く左バッター向けの登板だったわけなのだが、根元にタイムリーを打たれた後の角中にはストレートのフォアボールを出してしまう。
中後も金刃もだが、フォアボールを出してしまうのでは、投打の左右も関係ない話だ。

満塁になって、イーグルスのピッチャーは高堀に交代。
しかしこの高堀も続く井口にフォアボールで押し出し。
さらに福浦にもフォアボールで押し出し。
5-2となった。
今江のショートゴロの間に3塁走者生還し、6-2。
ヒット2本で4点をいただいた。

8回は松永が3人でぴしゃりだったが、4点差になってしまいセーブシチュエーションではなくなったので、益田を休ませたく、9回は中郷を投入。
先頭を今江のエラーで出してしまったのだが、中郷は2アウトまで取りながら、その後2連打されて失点。
最後の1アウトは益田が好調マギーを空振り三振でゲームセットとなった。

雨の中の試合とはいえ、両軍投手が四死球を出しまくる何ともしまらないゲームだった。

とにもかくにも、これで今季初の3連勝で、貯金1を作った。
バファローズも勝ったので、単独2位とはならなかったが、貯金のある2位は、昨日の5割の2位とは気分が違う。

空白の表ローテ3人目は吉見祐治。
吉見は4/10に中後を上に上げるときに抹消されたので、もう先発はないのか、と思っていたのだが。

鈴木大地はこの同期大卒2年目の藤岡、中後、益田に昨シーズンは一歩遅れている感があったのだが、もはや欠かせない選手になった。
バットを折りながら、3試合連続タイムリー3ベース
daichi_20130420.jpg

7回には根元が逆転タイムリー
nemoto_20130420.jpg

伊志嶺も5試合連続ヒットで7回逆転のホームを踏んだ
ishimine_20130420.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<4連勝で単独2位! | 日々の雑学 | 今季初観戦>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |