日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
今江、復調なのか?
2013年04月27日(土) 23:10
一昨日のライオンズ戦から、鈴木大地があまりにも好調なのを受けて、2番に打順をあげて、守備も根元と入れ替えて鈴木大地:ショート、根元:セカンド、井口:ファーストという守備にしている。

大地を上位に上げろ、というのは、私がここで、ずいぶん前から声高に主張していたわけだが、やっと気付いてくれた、という感じだ。

角中がなかなか本調子にならないので、一昨日は5番角中だったが、今日はもう一つ下がって、6番角中となり、5番にはサブローが入った。

1:根元(二)
2:鈴木(遊)
3:井口(一)
4:ホワイトセル(DH)
5:サブロー(左)
6:角中(右)
7:今江(三)
8:金澤(捕)
9:伊志嶺(中)
という打順になった。

相手のホークスの先発がルーキーのアンダースロー、山中だったので、本来なら、左の福浦、岡田は使いたいのだろうが、根元・大地の二遊間が固まってしまい、鈴木大地に押し出される形で、井口がファーストに入って、さらにホワイトセルも使いたいとなると、福浦を置く場所がなくなってしまい、5番は久々のスタメンのサブローということになった。

福浦は大昔には外野も守ったことはあるのだが、相当長らく練習していないだろうし、相手がアンダースローだからといって、サブローのところに外野守備をさせてまで福浦を入れるわけには行かない。

score_20130427_a.jpg

成瀬は斎藤ピッチングコーチも、解説の西村徳文前監督も、こんなに出来の悪い成瀬は見たことがない、と口を揃える惨憺たる出来だった。

打線も6安打しか打てなかったわけだが、7つもフォアボールをもらい、エラーも点に絡んで、効率良く得点出来た。

4回、5回、6回に得点機がありながら、中押しが全く出来なかったのは問題だが、同点に追い付かれた3回の裏にすかさず、井口の2ベース、ホワイトセル・フォアボール、角中ファーストエラーで1死満塁のチャンスに今江の素晴らしい奏者一掃のタイムリー2ベースが出た。
このところ、ずっと当たりがなかった今江は今日、その後の打席にも2ベースを打って復調の兆しが見えてきた。

鈴木大地はショートの守備も冴えており、井口からセカンドを、根元からショートの定位置を奪った格好なのだが、元々本職のショートで、根元は昔からスローイングに難アリなので、二人とも打撃好調なら、セカンド根元、っショート大地の方が絶対良い。

ホワイトセルもノーヒットだったけれど、鋭い当たりを飛ばしており、井口も好調、福浦も昨年より状態が良い、というファースト&DHの状態を考えると、大松などは入る余地があるのか?

やっと1割台から2割に乗せたところだが、今江の復調が本物だとすると、相当打線に厚みが出てくる。

不振を吹き飛ばす走者一掃3点タイムリー2ベース
imae_20130427.jpg

セカンドベース上で、本人も久々に本物の笑顔が出たと。
imae_20130427_2.jpg
打率を2割に乗せて、規定打席以上打者でのドンケツから脱出。

逆に鈴木大地はこの調子をキープすると、イーグルスのマギー並みの打率を維持しているのでい、いきなりトップで規定打席に達する可能性もある。
あと、6~7試合か。

このホークス戦は練習と重なっていて、GW後半はロードに出てしまう日程なので、せっかく野球日和になってきたのだが、なかなか現地観戦が出来ない。

これで貯金2に戻し2位を堅持。

益田もセーブ7でトップに立った。

問題は足に打球が当たって登録抹消された俊介の代わりに投げる明日の大嶺だが、そろそろ何かが変わっていて欲しい大嶺である。

ホークスも投打ともに苦しい様子だが、地力はあるチームなので勝てるうちに勝っておきたい。

西岡、福留を補強したチームと勝率が一緒である。
新戦力無しでこれだけ戦かえているのは上出来。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<負けたけど、大嶺祐太、未だかつてないナイスピッチ | 日々の雑学 | 引き続きバウロンBodhrán練習中ですが>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |