日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
ケルト音楽セッションでした
2013年05月26日(日) 22:20
今日はケルト音楽セッションでした。

Kオケコンミス氏の呼びかけで、フィドル2、ギター3、ホイッスル1、キーボード(アコーディオンとして)、そして私がバウロンbodhran奏者として参加。

スタジオを借りましたが、今日は電気のちからを借りずに、アンプラグドで。

アイルランド音楽を中心にトラッドなケルト・チューンを、T女史のナイスな選曲で楽しく進行し、大変楽しみました。

まだまだ色んな曲にも挑戦したいですし、まだまだ入って欲しい楽器もたくさんあります。

シンプルな楽譜なのですが、シンプルな中にどれだけアクセントや装飾音符やポルタメント入れるか、など、奏者にゆだねられている部分も多く、奥深いですねぇ。

愉快だけれども物悲しい感じも並存しているところが魅力なのかなぁ。

結構むかしに、何のためということもなく、アイルランドから個人輸入したBodhranバウロン
2013_0526_celtic_0013_R.jpg

まず、3つのジグ(Jig)を続けて演奏。

"The Here in the Corn"
the-hare-in-the-corn.png

"The Frost is all over"
frost_is_all_over.jpg

"Connaughtman's Rambles"
Connaughtmans_rambles.gif

さらに2つのジグを

"Banish Misfortune"
Banish_misfortune.gif

"Morrison's Jig"
MorrisonsJig.gif

こういう風にいくつかの曲を切れ間なく繋げて「Set」として演奏するのが通例のようです。

続いてホーンパイプ(Hornpipe)
"The Boys of Bluehill"
boys_of_bluehill2.jpg

"Cronin's Hornpipe"
cronins-hornpipe.png
記譜上は、付点だったり、8分スクエアで書いてあったりしますが、全部タンカタンカタンカタンカ、でやります。

"The Galway Hornpipe"
the-galway-hornpipe.png

そして、「タイタニック・セット」として、映画「タイタニック」で使われた曲を

"Blarney Pilgrim"
blarney-pilgrim.png

"The Kesh Jig"
Kesh_jig.gif

"John Ryan's Polka"
johnryan.gif

"Drowsy Maggie"
Drowsy_maggie.gif

などなど。

こんな曲です


またやりたいー。
バウロン、もっと修行したい。

歌の入る曲もやりたい。
スポンサーサイト
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<Secret 「YooHoo」 | 日々の雑学 | ベイスターズ戦、先勝>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。