日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
古谷拓哉、イースタンでノーヒットノーラン達成
2013年05月30日(木) 23:27
これまでも1軍での左のワンポイントとして、使っては失敗を繰り返していた#27古谷拓哉。

今季は首脳陣は何を思ったか、先発候補としてオープン戦で何回か先発テストをしたが、ことごとくチャンスを生かせなかった古谷拓哉。

左投手は服部が今季は安定して使えているのと、ルーキー松永もいるし、先日1軍に戻した藤岡がリリーフに回って数試合格好が付いてきたので、古谷の需要はさらに薄くなった感じになっていたところだ。

ところが、今日ビッグニュースが入ってきた。
イースタンではあるけれども、今日、古谷拓哉がノーヒットノーランを達成したとのことだ。

2軍での実績など、意味もないかもしれないけれども、古谷の自信になれば大きな財産だ。

古谷ももう31歳で、若手とも言っていられない年齢になってきたので、本当に今年当たりが勝負どころなのは確かなのだ。

イースタンのベイスターズとの試合だったのだが、平塚で珍しくナイターだったので、試合が終わってからあまり時間が経っていないので、詳報がアップされていない。

2軍の試合など、スポーツ紙も報道しないだろう、と思ったら、結構各紙に出ている。
フォアボールとエラーの走者が1人ずつ出たようだ。
三振10、内野ゴロ9(併殺1)、内野フライ1、外野フライ5。盗塁死1、球数は116球。

ノーヒットもすごいが、今までを古谷の姿を考えると、9回を116球で投げ切ったということ自体が驚きである。

score_20130530_east.jpg

furuya_2013.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<早稲田大学交響楽団 Early Summer Concert 2013でした | 日々の雑学 | 第11回キルフェボンの会でした>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。