日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
飛ぶボールだった
2013年06月11日(火) 23:56
やっぱり飛ぶボールだった。

結果が出ちゃうわけだから、隠し通せるわけはないのに、何で嘘をつこうとするのか。

この2年間のボールがおかしかった、ということを認めたくなかったのだろうが、あまりにも稚拙だ。

homerun_2012-2013.jpg

倍増、3倍増している球団もあって、個々の選手の好不調では説明が付かない状態になっている。

プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)は11日、平成23年から導入していた統一球を今季から変更していたことを明らかにした。仙台市内で行われた日本プロ野球選手会との事務折衝で統一球について指摘を受け、認めた。

とのことで、昨年の球が基準より反発係数が低いものが多かったので、改めるように指示をした、とのことで、基準を変えたわけではないが、球が変わったという説明らしい。

12球団全部にホームランが出やすくなっているわけだから、有利不利はないかもしれないが、通産本塁打の記録の持つ意味とか、変わってしまうのではどうしようもない。

しかも、当初、指摘があっても、変わっていないと、隠し通そうとしたところが、NPBのお役所体質の醜悪なところだ。

いくら何でも飛ばなくなり過ぎた、という意見があった昨年のボールに対して、変えないと突っぱねていたのに、実は変えていた、というのは、姑息過ぎる。

「統一球」という言葉は、何か「世界標準」に合わせたかのような誤解を産む言葉だが、あくまでNPB独自球である。
MLBのボールとは全然違うし、世界標準ではない。

王貞治氏の世界記録の意味とかタブーに触れることになるので、誰も言い出したくないのだろうが、スポーツのルールというのは、明らかになっていなければ、スポーツとして成り立たない。

有利不利も含め、明らかになった上でのルール変更であって欲しい。

今後、誰か引責とかいうことになるのだろうか。
適当にごまかすのか。

ball_2013.jpg

2段モーションの話も、厳しく取って、フォーム崩して球界を離れざるを得ない選手もいたほどの問題なのに、最近はまたゆるゆるになってきている。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<ドキュメンタリー映画「パワー・トゥ・ザ・ピープル」のこと | 日々の雑学 | 大岡越前守忠相のこと>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |