日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
やっと連敗止まった!
2013年07月12日(金) 23:50
グライシンガーが、スワローズ、ジャイアンツ時代の最高潮時のピッチングを彷彿とさせるナイスピッチング。
とにかく、連敗止まってよかった。
連敗中も「心配ない、大丈夫。」と強気のコメントをし続けていた、井口が決めてくれた。

score_20130712.jpg

グライシンガーは球数も少なかったので、8回も行って欲しかったのだが、カルロス・ロサにスイッチし、ロサは悪いときのロサが出て、フォアボールのランナーを代打二岡に返されて失点。

初回の井口のホームラン、9回も井口の2ランホームラン、この3得点に絡んで3安打なのだが、12安打の残りの9安打で1点しか取れない、という形になった。
しかし、ヒットは出ている、と前向きに捉えたい。

greisinger_20130712.jpg

初回に16号
iguchi_20130712_01.jpg

9回に17号
iguchi_20130712_02.jpg

日米通算2000本安打まで、あと10本となったし、ホームラン21本の中田、20本のアブレイユを追えるかもしれない。

6回には、代打ブラゼルが貴重なタイムリー
brazell_20130712.jpg

ファイターズが先発の吉川を降ろして、鍵谷に替えたたので、荻野貴司に替えての代打ブラゼルだったのだが、ファイターズは左の石井裕也に。
代打の代打は、右バッターの人材不足もあるのだが、出さないままブラゼルだったのだが、見事に決めてくれた。

鈴木大地の調子が悪すぎるので、スタメンを落としてみても良いのではないか、と、ここで助言を試みたのだが、伊東監督に聞き入れられ、今日は細谷がショートのスタメンに入った。

この形も悪くないのだが、打席の左右の問題だけで細谷となってしまうと、やはり寂しい。
相手が左の吉川だから、大地を落として細谷だったのだろうが、好調っぽい大松をベンチに留めておくのがもったいなく、ショート根元、セカンド井口、ファースト大松も試してみて欲しいところだ。

グライシンガーに9回投げ切って欲しかったけれども、また次の機会かな。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<千葉の谷津田でホタルの観察会 | 日々の雑学 | 「少女時代アリーナツアー」の録画を観る>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |