日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
谷津田の森の手入れでした
2013年08月13日(火) 22:30
今日は千葉の谷津田の森の手入れでした。

前回私が行けなかった、Kさんの森の手入れの続き。

暑さにくれぐれも注意と、ここ数日農作業された仲間からの注意喚起メールも入り、ゆるゆると作業。

だいぶ見通しが良くなって来ました。

Kさんの森はさっと片付けて、Hさんの森に移動して、というつもりでしたが、無理はしないでおきましょう、ということで、今日はHさんの森へは行かず。

Kさんの森もHさんの森もお許しを得て、手を入れさせていただいているわけですが、私たちが作業しているところを車で通りかかった方、自動車を停めてこちらに会釈をされる方が2人ほど。
おそらく地元の方なのだと思われるのですが(地元の方しか通らない道ですし)、我々がKさんの森やHさんの森でごそごそとなにやらやっていることは、ご近所付き合いもありますから、素性はバレているものと思われ、やはり土地の方も自分(たち)の所有する森に手が入れられなくなっていることは、気持ちの良いことではなく、気にはなっているものです。

物好きにも都会に暮らす者たちが、お盆休みの中、森の下草刈りをしにきていることに、ちょっと気を止めて挨拶をしてくださると、本当にこちらもうれしくなります。

暑いと言っても土日ほどのことはなく(私は都内を脱出していたので、数字の上での比較ですが)、木陰に入ると、時折涼しい風が吹きぬけます。

いつもの森に戻って、皆で話をしながら昼食を摂っていると、木陰の風が実に気持ちよく、汗も引いていきます。

寝転がれるところがあったら、このまま昼寝がしたい感じでした。

寝転がりたい、という話から「そういえば、ツリーハウスを作ろうという話しもありましたね。どの木でしたっけ?」と再び里山の夢語りに花が咲きました。

蚊の対策さえきちんとしてくれば、涼しい風に吹かれて、本でも読んで過ごしたい気持ちの良い森です。
ちなみに今日は私は蚊には一箇所も刺されませんでした。

何せトンボが異常に多いので、元々この谷津田は普通の野山より蚊は少ないのです。

田んぼの方もコシヒカリは順調に出穂(しゅっすい)し、穂をたれている株もあります。

それでも、雑草の影響で成長が遅れている一角があったりして、解散ということにしたものの、午後も田んぼの作業を続けられる方もいました。

私は合宿の寝不足明けということもあって、自重して帰って来ましたが。

8月17日はカカシ作りです。
上手く行ったら、竹で何か音の出るものを作りたいものです。

竹が1mくらいのところで切って残してあるのは、葉のないこの状態で、しばらく置くと根が腐り、手で簡単にもぎ取れるようになるためです
2013_0813_yastuda_0004_R.jpg

倒木も整理
2013_0813_yastuda_0007_R.jpg

稲刈りが楽しみになって来ました。
2013_0813_yastuda_0014_R.jpg

田んぼの中を歩くと、目の前を飛び交うシオカラトンボの群れを手で払わないと前に進めない感じです。
スポンサーサイト
別窓 | 里山、谷津田、棚田 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<里崎サヨナラホームランでイーグルス戦連勝 | 日々の雑学 | パート合宿より帰宅>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。