日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
ブラゼル、最高!
2013年08月16日(金) 23:59
ブラゼルの2ランホームランでゲームを一気に決めた。

score_20130816.jpg

唐川は今日は非常に出来が悪く、2失点で切り抜けられたのが僥倖だった。

立ち上がりに失敗した、バファローズ西の2回以降の方が良いピッチングをしていたのだが、いろいろと掛け違っているバファローズの悪い流れなのだろう。

唐川は打ち取れる球が全くない感じで、どの球種も捉えられており、良い当たりが野手の正面に飛んでくれるのをアウトにしていくしかない、というようなピッチングだった。

5回途中からやっと良い球が来るようになったけれども、5回までが伊東監督としても我慢の限界だったようだ。
試合後のインタビューでも、激しい言葉こそなかったけれども、いら立ちが隠せない表情だった。

6回内
7回松永
8回カルロス・ロサ
9回益田
という4枚は安定はしていて、一応任せられるのだが、今日は4人ともヒットは打たれていて、3人で抑えることが出来なかった。

昨日、守備で失点に繋がるミスをした塀内が、5回に今日はせっかくヒットで出塁したのに、信じられないような走塁ミスをして、チャンスを潰しそうになった。
荻野のバスターが鮮やかに決まって、流れが来そうだったのに、ベテランらしからぬプレイの連続。
根元の負傷で上げた早坂も負傷し、高浜と塀内を上げて、しばらく高浜も使っていたのだが、先日高浜を抹消してしまったところに、この塀内の連続ボーンヘッド。

個別のプレーに対する懲罰降格を結構今季やってきた伊東監督も、塀内を落そうにも、代わりに上げる選手がいない、というところだろう。

大地も打撃不振なので、二遊間がウィークポイントになっているが、替われる選手がいない。
細谷圭はいることはいるのだが、左投手の時にしか出番はないだろう。

しかし、バファローズ戦、頭を取れたのは大きいが、何せイーグルスが負けない。

今日は田中将大の日本新記録で余裕の勝利。

ライオンズが4連敗となって、戦線離脱の感もあり、何とかイーグルスに着いて行かないといけない。

月曜日の休みを挟んでいるので、グライシンガー、唐川は中5日だが、試合としては中4試合で回している。
明日の大谷智久までは中5日だが、ローテ順通りだと、日曜日はおそらく古谷拓哉が中4日で来るの。

ブラゼルは今日のバッティング練習ではスコアボード当て、外野の塀を越えての場外まで打っていたとのことで、好調を維持している。

試合後のインタビューでは、8号ホームランでやっとランナーがいるところで打てて、今までの7本が全てソロホームランだったことを気にしていたようだったが、それにしてもブラゼルの加入は大きい。

brazell_20130816.jpg

セカンドが穴なので、ヒジの負傷を押して「まだ痛いですよ」と言いながら、今日出場した井口には酷な話だが、井口になんとかもう一度セカンドを守ってもらい、ファーストに大松を入れられたら相当強化されるのだが。

シーズン始まったときは、大地はあくまで控えで、ショート根元、セカンド井口、ファーストは大松orホワイトセルor福浦orサブロー、という形だったはずで、井口も何年もセカンドを離れたわけではない。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<ひどい試合だった | 日々の雑学 | 映画「風立ちぬ」と「パシフィック・リム」>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。