日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
クレヨンポップのイベント!
2013年08月19日(月) 23:54
ちょっと前にもここで書いたのですが、クレヨンポップというK-Popガールズユニットがありまして、今日は彼女らのイベントに行ってきました。



後輩のBクンに誘われたのですが、日本でまだ有名になる前の、手作り感満載の小さなイベントに参加するのは初めてです。

クレヨンポップはKBSの番組にはこのところいつも出演していて、韓国では既に人気爆発済みなのですが、日本では今日のキャパ400人のライブハウスのチケットが今月に入ってからでも入手可能、という状態でした。

まだまだ知る人ぞ知る、という状態でしょうか。

最新曲の「Bar Bar Bar」で韓日とも人気が本格的になって来たと思うのですが、まだ持ち歌が5曲しかありません。

5曲では本格的なライブのセットリストは組みようがないのですが、結構工夫していて、2Hたっぷり楽しませてもらいました。

映像のトラブルやマイクが入ってなかったり、グダグダしますが、そういう部分もかえって良い感じ。

クレヨンポップ本人たちは、路上でのゲリラライブで活動して来た子達なので、悪環境でのパフォーマンスは場数を踏んでいるので、機材のトラブルなどでは全く動じません。

ライブ中は撮影禁止だったのですが、まだまだ日本ではプロモーション途上なので、情報拡散して欲しい思惑もあり、撮影タイムがありました。
20130819_crapo_0101_R.jpg

持ち歌5曲は全て衣装チェンジ、の上に、カバー曲で、2人ユニット、3人ユニット、ソロのパフォーマンスもあり、お得感。

持ち歌が5曲しかないのに、ちゃんとしたライブ1本聞いたような満腹感。

ステージから5~6mくらいの場所で堪能し、終演後はメンバーのお見送り「握手会」という名のハイタッチ会あり、で、満喫満喫!

コールとか良くわかってませんでしたが、結構声出しました。

終演後は、Bクンと新大久保へ繰り出し、「祝勝会」。

この種のイベントにこれまで多数参加して来たBクンも、稀に見るコストパフォーマンスの高いイベントだったとのことでした。

クレヨンポップは、前にも書きましたが、「キワモノ」ではあるので、一般的な人気を得る形にはならないかもしれませんが、今後も要注目。

カット割りのない方が魅力は伝わりやすいのですが、とりあえずオフィシャルのMVを


スポンサーサイト
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<グライシンガー完全復活 | 日々の雑学 | 鈴木大地、バースデイ大活躍>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。