日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
ベネディクト・カンバーバッチ&「ほていや」
2013年09月02日(月) 20:54
ベネディクト・カンバーバッチと、千葉の洋食屋「ほていや」を堪能した一日。

元々アガサ・クリスティやコナン・ドイル好きである家人が、イギリスのテレビドラマ「SHERLOCK」にどハマりしている。

sherlock2.jpg

「SHERLOCK」は各話は、一応コナン・ドイルの原作を骨子にしていて、時代を現代に移し、テレビドラマとは思えない各話90分の凝った作りになっていて、原作を知っていてネタバレしていても、非常に惹き付けられる作品になっているが、何と言っても世界中で大ヒット現象になっているのは、ベネディクト・カンパーバッチの魅力が牽引していることは疑いない。

そういうわけで、家人もベネディクト・カンバーバッチにハマっており、そんな流れで、

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』を見に行きたいということで、連れ出された。

startreck_benedict.jpg

「スタートレック」の劇場映画はこれが12作目だが、今までのシリーズとの関連を全く切って、新シリーズで始まったのは前作からで、今回が2作目ということになる。

しかしこの『スター・トレック イントゥ・ダークネス』は、もちろん第一義的にはエンタープライズ号の乗員たちの物語でもあるが、それ以上に悪役のベネディクト・カンバーバッチの映画であったように思う。

「戦火の馬」もイギリス映画であったし、イギリスのテレビドラマの俳優をハリウッド・デビューさせる、という部分が一番の眼目の映画なのだろう。

ベネディクト・カンバーバッチの存在感は、この映画でも圧倒的であった。

しかし家人とも話したが「非常に良かったけれども、この映画が『スタートレック』シリーズである必然性はどこに?」という感じ。

歴代のスタートレック・シリーズの製作陣も、原理主義的テレビシリーズファンの支持と、一般層への拡大という問題の間で揺れていたようだが、今回の『スター・トレック イントゥ・ダークネス』はそういう意味では原理主義的ファンには受け入れがたいものになっていたかもしれない。

しかし、レナード・ニモイ氏もちょっとだけ出演する。

ベネディクト・カンバーバッチは普段や、シャーロックを演じているときは極度の天パーなのだが、「スタートレック」では髪をなでつけて、おでこも出しているので、パッと見の印象は相当違う。

Benedict-Cumberbatch-Star-Trek-Into-Darkness.jpg

しかし印象的な「眼」は変わらない。
「静かな強い意志」というような緊迫感をまとっている部分もそのまま。

benedict_01.jpg
左は栗山千明ちゃんで、右はここりこの田中です

楽しみましたが、SF映画に夢があった時代と違って、ストーリー的にも特撮映像的にもやり尽くした感のある現代に、この分野で新作を世に問う難しさも痛感した。

そして見終わった後は、映画館近くの千葉市の老舗洋食店「ほていや」でランチ。

創業1929年の老舗店で、おじいちゃんがおとうさんを子どもの頃から連れてきたことがあって、そのおとうさんに子どもが出来たら、食べさせに来るという、2代3代と受け継がれる味である。

あんまりメディア露出がないのが幸いしているのかもしれないが、落ち着いた良い雰囲気で天井が高く、テーブルの間隔も広い。

家人は「まずはこれから」とお店の人に薦められた定番のスペシャルハンバーグを。
2013-09-02-0005_R.jpg

私は一応スペシャルデイだったので、奮発してフォアグラ入りハンバーグを
2013-0902-0004_R.jpg

メニューはランチのセットメニューもあるが、アラカルトも非常に種類が豊富。

あんまり宣伝したくない感じもしてきたが、この内装、メニュー、味、価格のまま、ずーっと続いて欲しい店だ。

あくまでも洋食屋であって、高級レストランではないのだが、こういう地場の名店はぜひ残って欲しい

2013-09-02-0006_R.jpg

スタートレックの「音楽」の話は、また項を改めて書きたいと思う。
スポンサーサイト
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<西田尚美さんのこと | 日々の雑学 | サヨナラでカード3連勝&マジック消灯>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |