日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
人文社の「事業停止」
2013年09月08日(日) 23:15
古地図の復刻出版などや、江戸と現在の地図を重ね合わせた地図ムックを主として販売していた、人文社が8月31日を以って「事業停止」となったことを知った。

今日、書泉グランデのTwitterアカウントが、入手困難になるので、お早めにお買い求めを、とつぶやいているのを知人がリツイートしてくれているのを見て知ったのである。

紙の出版物、中でも地図は、業界全体が非常に厳しい。

それは従前からわかっていたことだが、このように実際に自分が数多く持っている出版物を発行していた会社が無くなるとなると実にさびしい。

人文社は


鬼平・剣客・梅安の舞台―江戸古地図でみる池波正太郎の世界 (めぐりシリーズ (6))鬼平・剣客・梅安の舞台―江戸古地図でみる池波正太郎の世界 (めぐりシリーズ (6))
(2003/08)
人文社編集部

商品詳細を見る


のように、テーマを持たせた、江戸古地図はもとより、一枚ものの古地図の復刻、明治以降、昭和の地図もたくさん復刻出版してきている。

jinbunsha_tokyo_s30.jpg

これなども藤沢周平の江戸市井ものを読む際に非常に有益だった。

江戸切絵図にひろがる藤沢周平の世界 (時代小説シリーズ)江戸切絵図にひろがる藤沢周平の世界 (時代小説シリーズ)
(2004/06)
桜井 洋子

商品詳細を見る


創元社などが、古地図の領域の出版を続けてくれるといいが、1枚ものの古地図の復刻は、人文社以外には、手を出すところはないのだろう。

地図には、紙で見てこその良さもあるのだが・・・

一つの時代の終わりを感じる。
スポンサーサイト
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<雨で流れて仕切り直し | 日々の雑学 | 蒔田尚昊 (冬木透)の新作初演>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。