日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
千葉の谷津田の稲刈りでした
2013年09月14日(土) 23:18
千葉の谷津田で、稲刈りをしてきました。

暑そうだな、と思って覚悟していきましたが、木陰で休むと思いのほか風が涼しく汗も引くので、暑さの苦労は心配したほどではなかったのですが、大変だったのは、例年になく、田んぼの雑草がひどかったこと。

家の近くにあって、こまめに草取りをしているわけではないから、ある程度は覚悟しているのだが、9月最初のトンボの調査の時には、まだそれほど気にならず、まあ雑草あるな、という程度だったものが、今日になってみると、場所によっては、雑草の中にイネが生えている場所もあり。

イネだけを刈るのが難しいので、雑草ごと刈ってしまい、選り分ける作業が大変。

ザッザッと刈ってドンドン進んでいくのが、稲刈りの快感なのだが、一株刈っては立ち上がって雑草と選別、というのが続き、これがリズムに乗れずなかなかのタフな作業でした。

とはいえ私は藁で束にする作業の方に早々に回って、木陰を選んでハザ掛け用に束にする作業を中心に。

完全無農薬、除草剤なしでやっているのは、毎年のことだが、今年はプロの農家の方の田んぼも、雑草が例年になく多いとのこと。

雑草と言ってしまっているが、雑草などという植物はなく、今日もその場ではそれぞれ名前を教わっているのだが、帰って来てしまうと、名前を忘れているので、仕方なく雑草と書いているが、田んぼのイネ以外の植物たちのこと。

2013_0914_inekari_0001_Rz.jpg

コシヒカリの田んぼ2枚だけでタイムアップ。
農林1号と赤米の田んぼは、後日ということで。

明日から台風ということなので、ハサがけしたイネが落ちないか心配
2013_0914_inekari_0010_R.jpg

こどもたちもがんばりました
2013_0914_inekari_0016_R.jpg
2013_0914_inekari_0017_R.jpg
2013_0914_inekari_0018_R.jpg

今年は各地で多いというスズメバチもいましたが、「背中にとまっても動かずにじっとしていること」をきちんと守り、飛び去ったら号泣。

幼稚園年長さんくらいでデビューして、小学校5年生まではガチで戦力になりますが、小学校6年生くらいになると、汚れるのがイヤだ、とか虫がイヤだとか、卒業していきます。
でも、田んぼで虫を捕まえたり魚を捕ったりという原体験はその子の人生にとって大事なことなのです。


スポンサーサイト
別窓 | 里山、谷津田、棚田 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<藤沢周平「花のあと」を読み返す | 日々の雑学 | 一夜限りの復活「miwaナイト」>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |