日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
今日は谷津田の脱穀でした
2013年09月28日(土) 22:29
今日は千葉の谷津田の脱穀でした。

脱穀は脱穀機をお借りしてきて行います。

2013_0928_dakkoku_0018_R.jpg

昔ながらの足踏み脱穀機というものも古い農家には存在していてるのですが、これは唐箕(とうみ)とセットにして使わないとならないので、大変なのです。

これは参考写真です
dakkokuki.jpg

唐箕は、風でイネの実と、その他のわらくずを吹き分ける機械です。

唐箕(参考写真)
toumi.jpg

エンジン式の脱穀機は、唐箕の機能も含まれています。

内部の構造としては、同じようなものが回転しており、シンプルな構造。
2013_0928_dakkoku_0006_R.jpg

この利器をもってしても、取り切れない実が結構残るので、あとは人手で選り分けます。

2013_0928_dakkoku_0097_Rz.jpg

脱穀終了後も、来年に向けて、オダがけの竹の立て方の反省会
2013_0928_dakkoku_0066_R.jpg


収穫の喜びという意味では、稲刈りよりも脱穀の方が稲粒になるので、収穫を実感する気がします。

コシヒカリ、農林1号、古代米のうちの黒米を脱穀しました。

このあと天日乾燥数日を経て、籾摺りということになります。

赤米と緑米の稲刈りはまだ先です。

わらは使う分を残して、田んぼに入れますが、こどもたちのわら投げ大会になりました。
2013_0928_dakkoku_0074_Rz.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 里山、谷津田、棚田 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<小泉純一郎、脱原発一直線 | 日々の雑学 | まあ今日は勝つよ>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。