日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
勝ったけれども
2013年09月30日(月) 23:29
終盤戦、唯一頼れるバッターと言ってよい福浦のサヨナラ犠牲フライで勝ったことは勝ったけれども。
昨日なんともだらしのない形でサヨナラ負けしたし、ファイターズの今季のローテ投手ではなかった多田野に、6回までノーヒット。
打てないし、バントは出来ないし。
ファイターズは最下位を抜け出すチャンスが無くなっているわけではないが、もう稲葉などをスタメンから外して、シーズン中のベストメンバーではないのである。

2位チームというのが、恥ずかしいような内容の試合が連日続いている。

score_20130930.jpg

伊東監督のインタビューも「勝つには勝ちましたけど・・・」「何か選手がいつもの野球ができない妙なプレッシャーがある」

確かに負けられない試合が続くし、緊迫感はあるだろうが、クライマックス・シリーズに入ったら全部そういう試合なのだから、これくらいで、普段の野球が出来なくなっているようでは困る。

失うものがないチャレンジャーであるときには、力を発揮するのだが、守るものが出来た途端に、ガタガタと崩れる。

チーム力を冷静に見れば、チーム防御率の6チーム最悪だし、得点より失点が多いし、2位にいることが不思議ではあるのだが。

終盤に来て、里崎、角中が抹消となって、厳しい状況の中、荻野貴司も根元も大地もいま一つピリッとしない。
結果はともかく、打席で何をしたいのか、迷いがあるように見えて仕方がない。

根元の調子が攻守ともにあまりにひどいので、昨日から根元を下位に下げて、1番大地、2番荻野貴司にしているのだが、大地も結果が出ていない。

唐川が珍しく無失点に抑えていて、もっと普通に勝ちきって欲しい。

一応今日の勝利でシーズン勝ち越しは決まったようだ。

明日は昨日西武ドームでサヨナラ負けしたライオンズをマリンに迎える。
ホークスとはもう直接対決がないので、ホークスの戦いぶり次第というところが苦しい。残り6試合のうち4つ勝てばホークスの勝敗には関係ないのだが。

本当は2位が決まって、マリンで小野晋吾と薮田のラストピッチを、きちんと公式戦で選手登録して行いたいのだが、残り6試合はマリン・Kスタ・マリン・マリン・京セラ・西武ドームという順。
ホークスとライオンズが負け続けてくれないとマリンでのラストピッチは難しいかもしれない。

唐川の無失点ピッチングは今季はじめてかも。しかしピッチング内容は良かったわけではない。
karakawa_20130930.jpg

6回までノーヒットだった打線だが、初ヒットは7回にサブロー。やはり最終盤に来て、ベテランの経験値は頼れる。
saburo_20130930.jpg

10回裏は無死満塁で福浦だったので、犠牲フライでサヨナラという場面、レフトフライは浅かったし、サトケンの返球も良かったのだが、3塁ランナーが荻野貴司だったので、セーフ
福浦のサヨナラ犠牲フライ
fukuura_20130930.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<打てない、打たれる、ストライク全然入らない | 日々の雑学 | 小泉純一郎、脱原発一直線>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。