日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
打てない、打たれる、ストライク全然入らない
2013年10月01日(火) 22:59
異常に守備時間の長い試合だった。

リリーフピッチャーは全然ストライクが投げられず、替えても替えても、ストレートのフォアボールを連発。

12安打打たれて、7つのフォアボールを出せば、ワンサイドゲームになってもおかしくなかった。

投手力、打撃、守備、全て、ライオンズの方が、7段階くらい上、という実力差だろう。

2位にいること自体が恥、というべきひどい内容の試合だ。

score_20131001.jpg

今季1勝しかしていない次のKスタでは勝てる気がしないし、最終戦までもつれるかも。

ライオンズのバッターはファールで粘れるのだが、マリーンズのバッターは投手が変わっても、ファールさえ打てずに三振しているので、ものすごい実力差がある感じがする。

リリーフピッチャーも然り。

またもや、内竜也を温存したままの継投も納得が行かないし、代打も清田、G.G.佐藤を使わずに試合終了を迎えるのは、総力戦というには程遠い。

選手もひどいがベンチの起用も、最終6戦の戦い方とは思えない。

先発の藤岡はフォアボールこそなかったが、3回2/3で80球を要するというのは、もうダメである
大学時代のように150km/hを超える球が戻って来ないと組み立てようがない
fujioka_20131001.jpg

東洋大同期の鈴木大地の同点3ベース、逆転犠牲フライの援護も生かせなかった
daichi_20131001.jpg

リリーフピッチャーもことごとくひどい。
明らかなボール球ばかりのストレートのフォアボールとか、出てくるピッチャーみんながやっていたら、金澤もリードしようにも。

里崎、角中、そして今日荻野貴司の負傷抹消と、井口も今江も出場はしているものの、状態は完全ではなく、ひどいことになってきた。

頼みの福浦、サブローも今日はノーヒット。

あまりにも内容が悪すぎる。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<丸の内線中野新橋駅 | 日々の雑学 | 勝ったけれども>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |