日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
ニコルのTweet
2013年10月07日(月) 23:56
昨日のKARAのニコルのTwitterでのつぶやきを備忘として全文書かせていただく。

私の大切なKAMILIA

KARAの再契約と解散説でご心配をかけ、傷つけてしまい申し訳ありません。しかし、私もKARAとして一生懸命活動している状況であり、日本のツアーも控えている中で、急に私の脱退説や再契約するかどうかが記事になって、慌ててしまいました。それでも私の気持ちをお伝えしたく、このような文を書きます。

最も重要な事は…私はKARAのメンバーとしてスタートし、最後もKARAのメンバーとして終えたいです。しかし現在、所属事務所との再契約を交わしていないため、KARAのメンバーが交代するという記事や関係者のインタビューを見て…とても混乱してしまいました。

DSP社との再契約はKARAとしての契約ではなく、アーティストとしての所属契約だと考えています。会社の所属アーティストではなくても、これまで通りグループを継続するための方法はないかと考えています。

私はただの1人の人間です。私1人の問題によってKARAが解散したり、変わるわけではないと思いますので、所属事務所との契約とKARAのメンバーとしての契約は分けてもいいのではないかと考えました。個人の仕事と公的な仕事を区切って考えているのです。

私にはまだ多くの目標があります。KARAの活動に最善を尽くしながら、私を再び作り上げていくために努力したいです。そのためには、私には多くの時間と努力が必要だと考えます。したがって、私個人の所属問題は、私の未来に投資するためにDSPと所属再契約をしないことを決めました。

KARAとして私たちのKAMILIAに多く愛され、皆様によりよい姿をお見せしたいのですが、事がますます大きくなり、皆様を傷つけてしまい、私も…心苦しいです。再契約と共に脱退、メンバー交代などの話を聞きながら、私自身も胸が痛みました…そしてKARAというグループはもう1人のものではないと考えています。その分私もKARAのメンバーとしてKARAに対する責任があると思い、上のような考えに至りました。

しかし私の考えと、KARAの関係者の方々の考えが違い、それが不可能だという事であれば、私はチョン・ニコルという個人に戻ります。

所属事務所との契約更新とは関係なく、私はKARAのメンバーとして活動することを約束します。私は今もそしてこれからもKARAを愛し、KARAのメンバーとして活動していることが幸せで…KARAというグループは私にとってあまりにも大きな存在です。

私たちを愛し、応援してくださる皆様にとても感謝しています。


今のニコルのTwitterプロフ写真
2013_0731_nicole.jpg

どういう形になるのか心配だけれども、見守っていくしかない。

スポンサーサイト
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<古屋将太 著「コミュニティ発電所:原発なくてもいいかもよ?」読了 | 日々の雑学 | 小野晋吾、薮田安彦、ありがとう!>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。