日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
「ちば里山くらぶ」第1回活動日でした
2013年10月14日(月) 23:03
今日はもちろん、クライマックス・シリーズも大事な日なのですが、珍しくそれより大事な日でした。

ちば環境情報センター内に「ちば里山くらぶ」という活動体を立ち上げ、谷津田の斜面林の手入れを行っていく第1回目の活動日でした。

第1回の今日は、既に地主さんと協定を締結済みの山林について、木の名札(樹種名を木に括り付ける)作り&いきものマップ作りのための準備として、対象区域に生えている樹種を調査、&珍しい木、目印になる巨木については、地図上にプロットという作業を実施。

2013_1014_satoyama_0006_Rz.jpg

2013_1014_satoyama_0016_Rz.jpg

約0.5haの土地だが、確認できた樹木は

<針葉樹>
イヌガヤ
サワラ
スギ
ヒノキ
イヌマキ

<シュロ類>
トウジュロ

<常緑広葉樹>
アオキ
アラカシ
イヌツゲ
カクレミノ
カラタチバナ
シラカシ
シロダモ
ネズミモチ
ヒイラギ
ヒサカキ
マンリョウ
ヤブコウジ
ヤブニッケイ

<落葉広葉樹>

アカメガシワ
イヌザンショウ
イヌシデ
イロハモミジ
エノキ
ガマズミ
カラスザンショウ
クサギ
クヌギ
クロモジ
コナラ
コブシ
ゴンズイ
サワフタギ
サンショウ
タラノキ
ナンテン
ニワトコ
ヌルデ
ノイバラ
ヒイラギナンテン
ハリギリ
ホオノキ
マユミ
ムクノキ
ムラサキシキブ
ヤマグワ
ヤマザクラ
ヤマムラサキ
ユズリハ

<ツル植物>
アオツヅラフジ
オニドコロ
キヅタ
サルトリイバラ
フジ
ヤマノイモ

<タケ・ササ類>
アズマネザサ
マダケ

何でもあるように見えて、すぐ近くにはいくらでもあるクリはこの範囲には見つけられず、ケヤキも見つからない。
ウワミズザクラも近くにはたくさんあるのですが、この範囲にはまりません。

以前はあったアカマツも枯れてしまっていてノーカウント。

これだけ挙げて、詳しい人が何人も見てもわからず、持ち帰って図鑑と照合しても、どうしても種類不明な樹もあり。

ゴンズイの実
2013_1014_satoyama_0037_R.jpg

今後の活動計画として、まだ地主さんと協定は未締結だけれども、今後取り組みたい隣接した林も様子を見ました。

現況はこんな感じですが
2013_1014_satoyama_0050_R.jpg

樹冠は結構明るいし、傾斜も緩いので、手入れをすれば面白い林になりそう。
2013_1014_satoyama_0051_R.jpg

田んぼも同様だが、隣接した林でも、ちょっと地形や樹相が変わると、全く違う表情の林になるところが面白い。
ホンの狭い範囲の里山だけれども、色々な表情が楽しめます。

やることは一杯あるが、達成感もありそうで今後の活動も楽しみです。
スポンサーサイト
別窓 | 里山、谷津田、棚田 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<谷津田の魅力とは | 日々の雑学 | 「倍返し」される>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |