日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
2戦目、辛勝!
2013年10月18日(金) 23:23
薄氷の勝利、何とかモノにした。

score_20131018.jpg

グライシンガーは長らく戦列を離れていたとは思えない、素晴らしいピッチングだったけれども、イーグルス則本は、昨日の田中将大以上に良かった。
三振の山を築いてしまった。
11三振である。

グライシンガーは病み上がりということも考慮してか、6回88球で交代。
正直、もうクライマックスシリーズでの登板は回って来ないのだから、あと1イニングは行って欲しかった。

7回にやっと、則本からヒットらしいヒットを井口が打って、今江も連打で1・3塁。
則本に今日2三振のサブローに換えて、代打ブラゼルを送り、ブラゼルのピッチャーへの強いゴロを則本がはじく間に井口生還で、何とか先取点。

そのまま逃げ切りたかったのだが。

ここから継投に入るのだが、イーグルス戦は益田が苦手にしているので、シーズン中にもあったが、8回益田、9回内の順番。
ロサ、益田、内とつなぐが、ロサも益田も先頭バッターをフォアボールで出し、苦しいピッチング。

10回表にブラゼルの勝ち越しホームランから、鈴木大地、清田の連打、里崎の送りバント、根元の2点タイムリーと、それまで4安打しか打てていなかった打線が、この回4安打で3得点。

内はイニングをまたいで10回も行くが、なんと今シリーズノーヒットで苦しんでいた聖澤にもホームランを打たれてしまう。
結果的には、ブラゼルのホームランだけでは勝ち切れなかったわけで、大地、清田、根元の3本のヒットが大きかった。

イーグルス戦だけの、益田、内の順番は、今日は上手く機能しなかったのだけれども、あまりブレずにこのまま行った方が良いように思う。

グライシンガーは日程的にもう上がりと思われるので、登録を抹消して、替わりに誰かリリーフを上げるのだろうけれども、この人選が難しい。
西野をリリーフに回しているけれども、上手く行ったり失敗したり。
本当は左右のバランスを考えても、松永をリリーフに戻して、西野を先発に戻した方が良いような気もしている。

グライシンガーは昨日の成瀬ともども「完全復活」と言って良いのでは。
greisinger_20131018.jpg
成瀬とグライシンガーが通年元気で働けば、今季+10個くらいの貯金上乗せは出来るはず。

ブラゼルは第一ステージでは良いところ無しだったのだが、貴重な一発
brazell_20131018.jpg
brazell_20131018_2.jpg

苦しんでいた根元も最後に2点タイムリーが出て、ホッと一息だ
nemoto_20131018.jpg

シーズン終盤、戦列を離れていた成瀬、グライシンガーを、いきなり第1戦、第2戦の先発に持って来なければならないチーム事情は苦しいことは苦しいけれども、間に合わないと思っていた2人だけに、来シーズンへ向けても良い確認が出来ている。

イーグルスに連打での得点を許していないところも大きいとも言える。

古谷でスタートした第1ステージだから、明日の古谷からスタートするつもりで行けば、道が拓けてくるのでは。

カープが一つも勝てずに敗退してしまったので、盛り上げる意味でも、勝ち続けなければならない。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<みなとみらい21交響楽団第4回定期演奏会 | 日々の雑学 | 田中将大、打ち崩せず>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |