日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
KARA 2nd JAPAN Tour 2013でした
2013年11月19日(火) 22:33
土曜日から、稲の籾摺り、菅野よう子、ベルリンフィル、そして今日のKARA、と節操のない日々が続いておりますが、楽しいものは経験したいので仕方がない。

今日はKARAですよ。

生身のKARA、実は恥ずかしながら初体験です。

パク・ギュリ
ハン・スンヨン
チョン・ニコル
ク・ハラ
カン・ジヨン

5人ともそれぞれに魅力的すぎる。

もちろん少女時代も好きなのだが、KARAの魅力は全然違う尺度なんだよなぁ。

5人のキャラクターの立ち方が、五者五様に全く違う方向に向かって五芒星のように突出していて、絶妙のバランス。
KARAも元々この5人だったわけではなく、メンバーは入れ替わっているのだけれども、この5人になったからこそのブレイクだったように思う。

今回のJAPANツアーは、彼女たち本人なのか事務所なのか、は、わからないけれども、非常に力が入っていたように思う。

ライブの内容はサービス満点だったし、大仕掛けの舞台演出があるわけではなかったけれど、5人のパーソナルな魅力が存分に発揮されていて、十分堪能できた。

終盤からアンコールを、初期のヒット曲で固めないとならない寂しさは否定できないものの、それで良いじゃん!という納得感があった。

ギュリ姉さんもスンヨンもまだまだこの路線で行ける。
変にこねくらない方が良い気がする。







セットリストとかは、誰かがまとめてくれると思うし、来年1月には早くもWOWOWで放送もされるようだ。

さいたまスーパーアリーナの200レベルの後ろ部分はクローズで席を売っていなかったし、300レベル以上もクローズ。
グッズ物販売り場も混雑しておらず、人気のピークは過ぎているのだろうけれども。

2012後半からヒット曲らしいヒット曲に恵まれていないのだから、仕方ない部分もあるのだが、個人的には今回初めてKARAのライブに接して、ますます5人の魅力にハマった。

スポンサーサイト
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<アジアシリーズ、ちゃんとしようよ | 日々の雑学 | ベルリンフィル来日公演でした>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |