日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
キャドバリー フルーツ&ナッツ チョコレート
2013年12月06日(金) 23:14
マルチフッド・インターナショナルが輸入販売している、キャドバリー・チョコレートのDailly Milk フルーツ&ナッツに、最近ハマっている。

キャドバリーはイギリスのコーヒー・紅茶・チョコレートメーカーなのだが、飲料メーカーのシュウェップスと合併して、もともとスイス・ジュネーブにあったシュウェップスの拠点もイギリスに移している。

しかし、このマルチフッド・インターナショナル社が輸入しているのは、どういう経緯からか、オーストラリアの製品だ。
マルチフッド・インターナショナルのサイトにもキャドバリー・ブランドは左のバナーでもオーストラリアの国旗で紹介されている。

最近、コンビニや大手スーパーなど、輸入菓子コーナーではないところでも、非常によく目にするようになった。

何がハマっている要因かと言えば、ナッツとレーズンがぎっしり入っているのである。
単なるチョコレートよりも食感のリズムとアクセントが良いばかりでなく、砂糖の塊であるチョコを食べる罪悪感を少しばかり軽減してくれるところがある。

チョコレートそのものの風味も、いわゆるヨーロッパ風のミルクチョコレートの風合いで、日本の製菓会社のものよりも、優しい味がするように感じている。

2013_1206_choco_0003_R.jpg

最近の注目商品である。
スポンサーサイト
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<父親の形見、久々に出す | 日々の雑学 | 西野勇士に背番号「29」打診>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |