日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
チョン・ニコル
2014年01月14日(火) 22:38
ニコルのKARA脱退は、昨年秋から規定路線と言えば規定路線ではあった。
DSP mediaと契約を延長しないことは、決まっていたわけだから、今日の発表は来るべくして来た事態とも言える。

ニコル自身は、DSP Mediaを離れても、KARAとして活動していく道がないのかどうか、周囲の大人も交えて話し合って行くと、Twitterで語っていた。

違う所属事務所の子がひとつのグループとして活動するという形態は、日本のAKBグループは皆そうだし、韓国でも分裂前の東方神起がそうだったわけで、例のないことではなかったわけだけれども、相当ハードルの高いことではあったろうし、過去何度も、契約条件をめぐってのトラブルがつきまとっていたDSP mediaとKARAの間で、そんなに物分りの良い落としどころは無かろうという諦めもあった。

残る4人にしても、DSPに対しては、恩義は感じていることは確かだろうが、条件面で満足していないことは、過去の経緯からも明らかだ。

ニコルを除いた4人体制でしばらくは行けるのかもしれないが、今年4月で契約が切れるカン・ジヨンも契約延長せずにアメリカ留学をしたいという意向のようだ。
ジヨンも抜けて、ギュリ、スンヨン、ハラの3人になると、さすがに新メンバーということになってくるだろう。

KARAも元々4人組でスタートし、一人抜けてハラとジヨンを加えて現在の5人になったわけで、メンバーの入れ替わりは、韓国のガールズグループにはちっとも珍しいことではない。

ギュリ、スンヨン、ニコル、ハラ、ジヨンの5人体制は個性が補いあって、5人の良さがバランス良く発揮されていたので、残念な事態であることは否定できない。

月並みではあるが、チョン・ニコルと、これからのKARAを応援してくしかない。

昨年11月に5人のKARAとニコルをしっかりと見ることが出来て良かった。

ニコルが昨年秋頃使っていた、Twitterアイコン写真
nicole_20130730.jpg

kara_nicole.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<結局、山仕事でした | 日々の雑学 | ラグビー決勝惜敗>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |