日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
「自然エネルギーを広めるネットワークちば」の定例会でした
2014年01月16日(木) 22:48
今日は「自然エネルギーを広めるネットワークちば」の定例会。

秋以降、ちょっと活動が落ち着いてしまった感もあって、ここらでちょっとネジを巻きなおそうと、今後の活動について、いろいろと意見の出し合い。

再生可能エネルギーも大事だけれども、「省エネ」についても、もっと勉強し、発信していかなければならない。
たとえば「断熱」というテーマについても、専門的なことから、家庭で簡単にできるアイディアまで。

家庭で消費されるエネルギーの60%が「熱利用」なのだ。

ちなみに我が家は、2011年3.11以降、一度も暖房を使用したことがない。
電気のエアコンだけでなく、ガスの床暖房も一度もつけていない。
窓が西南に向いた集合住宅の我が家では、西陽がふんだんに入り、部屋の機密性さえ高めてやれば、何もで暖房をつけなくても十分に暖かい。
3.11以前もほとんど暖房は使わなかったけれども、今は意識的に使っていないが、やせ我慢もしていないし、不自由もしていない。

22時近くになっても、部屋の温度は17℃ある。
この冬、一度も暖房を入れていない部屋が、22時に17℃なのだ。
2014_0116_0004_R.jpg
17℃あれば、別に暖房は要らない。

それでも足元が冷たく感じるときはあるが、そんなときに役立つのがこれだ。
2014_0116_0005_R.jpg
ただの発布スチロールの箱にダウンジャケットを詰めたもの。
毛布でも良い。
電気も何も使わず、カイロも入れていない。
熱源は自分の体温だけ。
座って作業する際など、しばらく座っていると、足に汗をかくくらいぽかぽかしてくる。

本当にエネルギーが必要なのか? 
その利便性は、そのエネルギーでしか手に入らないのか?
足元から見直すことが非常に重要だ。

「自然エネルギーを広めるネットワークちば」の方は、なかなか決まらなかった略称が、Renet Chiba (renewable energy network Chibaの略 呼び方は「リネットちば」)に決まり、今後、一層広報などに力を入れていきたい。

参加各団体の情報共有も大事、ということで、次回には、各団体のこの先の活動予定を共有し、一緒に広報したり、協働できる部分がないか、を確認することに。

勉強会や見学会なども積極的に企画していく予定。
楽しいアイディアや、うれしいニュースをたくさんお届けしていきたい。

千葉で、エネルギーの問題に関心のある方、ぜひ、「自然エネルギーを広めるネットワークちば」までご連絡をいただきたい。
一緒に知恵を出し合いましょう!
スポンサーサイト
別窓 | 自然エネルギー | コメント:1 | トラックバック:0 | ↑top
<<谷津田の恵みを味わう | 日々の雑学 | 結局、山仕事でした>>
この記事へのコメント
いろいろ読ませて頂き、勉強させてもらっています。いろいろな意味で参考になります。今後ともどうぞよろしくお願いします。足下の発泡スチロールにダウンジャケットは、早速試してみます。ありがとうございました。
2014年01月18日(土) 00:36 | URL | うし #-[ 内容変更]

↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |