日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
「バイオマス発電事業化促進フォーラム」でした
2014年01月25日(土) 20:56
今日は市民キャビネット農都地域部会のバイオマス発電事業化促進ワーキンググループが主催する「バイオマス発電事業化促進フォーラム~森林・バイオマスをいかす地域創造と協働を考える~」でした。

baiomuss.jpg

2014_0125_baiomuss_0013_R.jpg

2014_0125_baiomuss_0015_R.jpg

2014_0125_baiomuss_0032_R.jpg

行政から実務家から、色んな分野の専門家が集まり、なかなか興味深い会でしたけれども、木質バイオマスを事業のレールに乗せるには、なかなかハードルも高いなぁ、という実感もあり。

地産地消というところや、林山村の活性化というところに、浪漫はあるものの、浪漫では飯は食えない、というところでしょうか。

それでも光明は随所にあって、小さい規模からでも始められるところもメリットですし、コージェネ(熱電併給)がキーワードになるものの、現在、石油ボイラーで熱を得ている中小業者などは、そのボイラーの熱を少しでも発電に回し、燃料の一部でもバイオマスに転換してくれれば、バイオマス発電所は出来てしまう、という部分もあり。

この分野でも、先進的取り組みの事例の情報共有がまだまだ必要な気がするし、試行錯誤の時期かもしれないが、必ず木質バイオマスは無視できないエネルギー源になる、という強い思いを感じられるフォーラムであった。

基調講演を行った、小田原の鈴木悌介氏は、小田原の市民エネルギー会社「ほうとくエネルギー」の設立にも関わっているけれども、本職はかまぼこの鈴廣の副社長である。


エネルギーから経済を考えるエネルギーから経済を考える
(2013/11/06)
鈴木 悌介

商品詳細を見る
スポンサーサイト
別窓 | 自然エネルギー | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<Kオケ、トランペットの会にゲスト参加 | 日々の雑学 | キャンプ参加選手発表>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |