日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
今日も森の手入れでした
2014年01月27日(月) 23:59
いじって良い区域が増えたこともあり、草が枯れているこの時期の方が非常に効率が良いこともあって、ちょっと頻度を増やしましょうか、ということで、今日も千葉の谷津田で、森の手入れでした。

今まで手付かずだった区域に、先週私が行けなかった日に、始めていただいていて、今日も含め結構進捗しましたが、まだまだ広い。

杉の木はほとんど枯死しています。
千葉の杉の多くは山武杉(さんぶすぎ)と言い、枝が自然落下する性質を持っていて、枝打ちをせずとも良いという特徴があって、将来の良材として有望視されていたのですが、溝腐病(7みぞぐされびょう)にかかり易い性質も持っていて、枝刺しでクローンで簡単に根付き、植林されて来たので、種から育てたものと違って、DNAが全く一緒ですので、一斉に病気にかかります。
溝腐病にかかっても、部位によっては良材が取れる部分もあって、山武杉でがんばっている工務店さんも仲間にいるのですが、長期間手入れしていない森は、やはりこういう状態になってしまいます。

大きな木を倒すのは、複雑に絡み合っているので、玄人でも危険なので触らず、もっぱら、アズマネザサとアオキを剪定鋏で切って行く作業をしましたが、歩くのもままならなかった森がだいぶ見通しが良くなってきました。

2014_0127_satoyama_0039_R.jpg

2014_0127_satoyama_0042_R.jpg

2014_0127_satoyama_0048_R.jpg

前回卸して、使用は今日が2日目の牛革作業手袋ですが、右手の力が入るところは早くも大きな穴が開いてしまいました。
2014_0127_satoyama_0050_R.jpg

森がきれいになるのは、なんとも言えない達成感、爽快感があって、やみつきになります。
スポンサーサイト
別窓 | 里山、谷津田、棚田 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<四街道メダカの会の「ムクロジの里」、突然の閉鎖 | 日々の雑学 | Kオケ、トランペットの会にゲスト参加>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |