日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
JRの羽田直通線の話
2014年02月05日(水) 22:54
羽田空港は国際便も飛ぶようになったのだが、アクセスは十年一日のように変わらない。

京急羽田線はだいぶ良くなったけれども、モノレールの浜松町というのもなんとも中途半端は乗換駅だ。

JRが休止中の貨物線を使って、新路線の計画を発表した。

JR_haneda.jpg

JR自身も良くわかっていると思うのだが、埼京線や湘南新宿ラインを走らせ、東武のスペーシアも新宿乗り入れが実現していることを考えれば、本当は東京の西郊とのアクセス改善が課題のはずだ。

品川-田町間には新駅の構想が、前からあって、そこが結節駅となると思われるのだが、浜松町よりはマシとはいえ、山手線の西半分からはやはり遠い。

りんかい線の大井町から先に繋げられないものか、と感じている。

京急羽田線と東急多摩川線を蒲田の地下で繋げられないか、というプランや、都営浅草線を東京駅まで引っ張って来ようか、というプランもある。

京急と東急の蒲田での接続は、東横線、副都心線経由で、新宿、池袋方面にも直通というプランではあるのだが、京急と東急の線路の幅の違いは、どうするのか、あちらを立てればこちらが立たずという状態になるだろう。

東京メトロの副都心線は、渋谷で東横線に繋がってしまっているのだが、副都心線をそのまま明治通りの下を走らせて、恵比寿、白金高輪、泉岳寺、品川と結び、天王洲から大井埠頭方面、羽田空港へ延伸できなかったものか、と思う。
そうすれば、多摩川線などを経由などせずとも、新宿、池袋、東京西部方面と羽田空港を最短距離で直線的に結ぶ路線となって、相当アクセスが改善しただろう。

東京にこれだけの本数の地下鉄が計画、建設されていながら、羽田空港を結ぼうという考えが出て来ないのが不思議な話である。
スポンサーサイト
別窓 | 雑感日記 | コメント:1 | トラックバック:0 | ↑top
<<この本、面白い!「なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか 最強11神社―八幡・天神・稲荷・伊勢・出雲・春日・熊野・祗園・諏訪・白山・住吉の信仰系統」 (幻冬舎新書) | 日々の雑学 | 「グリーンパワーブック―再生可能エネルギー入門」>>
この記事へのコメント
羽田の方は埋め立て地だから、地下鉄=トンネルは難しかったのかもしれませんね 今は京急があるけど、結構深いところですよね。
2014年02月07日(金) 01:11 | URL | うし #-[ 内容変更]

↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |