日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
この本、面白い!「なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか 最強11神社―八幡・天神・稲荷・伊勢・出雲・春日・熊野・祗園・諏訪・白山・住吉の信仰系統」 (幻冬舎新書)
2014年02月06日(木) 23:59
この本、読み始めたけど、面白いなぁ。

というか、自分の知識の無さというか、神社、祭神について、あまりにも知らな過ぎたことにびっくりする。


なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか 最強11神社―八幡・天神・稲荷・伊勢・出雲・春日・熊野・祗園・諏訪・白山・住吉の信仰系統 (幻冬舎新書)なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか 最強11神社―八幡・天神・稲荷・伊勢・出雲・春日・熊野・祗園・諏訪・白山・住吉の信仰系統 (幻冬舎新書)
(2013/11/29)
島田 裕巳

商品詳細を見る


八幡というものをとってみても、八幡とは何なのか、ちゃんと説明できる人は少ないだろう。

「武神」である、とも、大分の宇佐神宮のことである、とも、応神天皇のことである、とも、新羅の神である、とも。

天神が菅原道真であることは、なんとなく知っているものの、稲荷とは何かさえも良くわからない。

雑学的な本能を久々に刺激される書である。

hachiman.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 読書日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<miwaのオールナイトニッポンGOLD | 日々の雑学 | JRの羽田直通線の話>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。