日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
早稲田大学交響楽団第194回定期演奏会でした
2014年03月03日(月) 23:46
今日は早稲田大学交響楽団の第194回定期演奏会でした。

寺岡清高先生を指揮に迎えて、
ブラームス:大学祝典序曲
ブラームス:交響曲第3番
ブラームス:交響曲第2番
アンコールにブラームス:ハンガリー舞曲第6番
というプログラム。

WSO_194-195.jpg

弦楽器が立派な響きになっていて驚いた。
バイオリンもそうだが、チェロバスも非常に良く鳴っていた。

それに比すると、3曲でメンバーは入れ替わっているはずなのだが、管楽器はちょっとチグハグした印象が3曲ともに、散見された。

今シーズン聞きに来るのは、初めてではないので、今日突然そういう印象を抱いたのは、曲のせいなのか?
管楽器の自パート内の、音色、音形、が不揃いなときがあるので、倍管にしているのだけれども、音量というよりも、フレーズにセクションとしての力が乗らないので、表現力が線が細くなっていた印象。
各人は上手なのだが、セクションとしての表現に繋がっていない。

ブラームスの「小節の頭がどこだかわからなくなる部分」は総じてヒヤヒヤだったが、何とか乗り切ったという感じ。
2番より3番の方が難しく、当然苦戦していたのは、予想通り。

とはいえ、強いて言えばという話であって、よく鳴るオケに育って来ている。

2014_0303_0004_R.jpg

2014_0303_0005_R.jpg

おそらく、来週のプログラムの方が、自分たちの音楽が出来るのではなかろうか。

打楽器のことは、直接伝えたので、ここでは触れないが、ティンパニ、大太鼓ともに、楽器が購入時よりも良く鳴るようになって来た印象がある。
スポンサーサイト
別窓 | クラシック音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<11安打で1得点敗戦 | 日々の雑学 | ちば里山くらぶ活動日でした>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。