日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
今日は啓蟄です
2014年03月06日(木) 22:29
肌寒い日でしたが、今日は啓蟄(けいちつ)ですね。

「啓」はひらくという意味
「蟄」は冬篭りという意味

冬篭りが明けるということで、虫が穴から出てくる頃、という意味です。

二十四節季(にじゅうしせっき)で数えると立春の次です。

二十四節季をさらに3つに分けた七十二候では啓蟄は以下の3つに分けています。
初候:蟄虫啓戸(すごもりむし とを ひらく):冬蘢りの虫が出て来る
次候:桃始笑(もも はじめて さく):桃の花が咲き始める
末候:菜虫化蝶(なむし ちょうと なる):青虫が羽化して紋白蝶になる

今年のカレンダーで言うと、
今日3月6日が蟄虫啓戸(すごもりむし とを ひらく)
3月11日が桃始笑(もも はじめて さく)
3月16日が菜虫化蝶(なむし ちょうと なる)
です。

二十四節季は体感とずれている印象を抱く方もいるかもしれませんが、成り立ちは月の満ち欠けを元にする太陰暦は、年々季節とずれていくので、農作業などの目安にするのに不便なため、季節を表す目安として、設定されたもので、字面だけでなく、本当の意味を理解すると、季節の進行の指標になり、現代のカレンダーでも有効なものです。

2014_0306_keichitsu_0009_R.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<成瀬順調 アジャと吉田! | 日々の雑学 | 試合は負けましたが、4番アジャ井上、打率.571>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。