日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
東京・春音楽祭《E.W.コルンゴルト》 ~二つの世界の狭間で
2014年03月31日(月) 22:11
今月は新国立劇場の「死の都」、読響のヴァイオリン協奏曲と4日連続のコルンゴルト上演があるなど、正に忘れられた作曲家・E.W.コルンゴルトの特別強化月間だったわけだが、その最後を〆るのが今日の東京・春音楽祭の中の一夜、

《E.W.コルンゴルト》 ~二つの世界の狭間で 
ウィーンからハリウッドへ、20世紀を生きた最後の「神童」を聴く

オペラ、歌曲、ピアノ曲、室内楽と、コルンゴルトの生涯を時系列にたどって行く構成。

やはり、CDでは聞いたことがあっても、コルンゴルト、ローティーン時代の曲を実演で聴くとの肝を抜かれる。

これまでコルンゴルトだけのプログラムによる演奏会が日本で行われたことがあるのかわからないけれども、今日の演奏会は、びわ湖、新国立劇場の「死の都」に比肩するぐらいのエポックとなる演奏会だったのではなかろうか。

中村伸子さんの構成、司会進行によって

歌劇「ポリュクラテスの指輪」Op.7より冒頭

7つのおとぎ話の絵 Op.3より
 1.魔法にかかったお姫さま
 2.えんどう豆の上に寝たお姫さま
 3.山の精

まつゆき草(「6つの素朴な歌」Op.9より)

ヴァイオリン・ソナタト長調 Op.6より 第4楽章

マリエッタの歌(歌劇「死の都」Op.12より)

<休憩>

シュトラウスの物語 Op.21

「4つのシェイクスピアの詩による歌曲」Op.31より
 1.デスデーモナの歌
 2.緑なす森の木陰で

弦楽四重奏曲 第3番ニ長調 Op.34

ウィーンに捧げるソネット

ソプラノ:天羽明惠
テノール:又吉秀樹
ピアノ:村田千佳
ストリング・クヮルテットARCO
第1ヴァイオリン:伊藤亮太郎 第2ヴァイオリン:双紙正哉 ヴィオラ:柳瀬省太 チェロ:古川展生

アンコールには歌劇「カトリーン」より「さすらいの歌」(田川めぐみ編)

実にオペラから演奏会用音楽までいろいろなジャンルから盛りだくさんにコルンゴルトの魅力満載の演奏会であった。

コルンゴルト13歳の時の作品「7つのおとぎ話の絵」



17歳のときの最初のオペラ「ポリュクラテスの指輪」


2014_0331_0010_R.jpg

2014_0331_korngold_2014-03-31_0012_R.jpg

聴き応えという意味では、「死の都」に比肩する演奏会だった。

今後もコルンゴルト実演の機会が増えることをねがう。
スポンサーサイト
別窓 | クラシック音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<開幕4連敗 | 日々の雑学 | 「シンガーソングライター岡地サリ」初オリジナルライブでした>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。