日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
何とか勝ったけれども
2014年04月11日(金) 23:28
12安打で4得点というのは、勝てたから良いようなものの、結構しんどい試合だった。

score_20140411.jpg

成瀬は2回にいきなりAJにホームラン、ユーキリスに2ベース、松井稼頭央にセンターオーバーの3ベースを打たれた。この松井の3ベースは岡田なら捕っていただろうけれども。
さらに2アウトを取った後に、牧田にもヒットを打たれて3失点。
この回は簡単に連打されて4被安打。
しかし残りの4安打は散発で、3回以降はピンチはあるけれども、徐々に球も走って来た印象。
8回途中まで投げて120球。
前半にずいぶん球数要した割りに、長く持ったというべきだろう。

2回裏はイーグルスの2回表と同様に、4番今江の壁に当たる特大のホームランで始まり、角中ヒット、打順を上げたクルーズタイムリー2ベース、大松、大地倒れて、2アウトになるが、キャッチャー吉田のタイムリーヒットで同点に追いつく。
ホームラン、長打、2死になってタイムリーで3点目というのは表も裏も一緒。
すぐに追いつけたのも、成瀬にとっては気が楽になったかもしれない。

再三、則本を攻めて3回は井口、角中のヒットがで出たが角中が2塁を狙ってタッチアウトチェンジ。
5回に加藤の内野安打、根元のフォアボールの後、今江の2ベースで1点勝ち越し。
ここももっと点を獲りたかったところだ。
6回も2本のヒットが出るが、3回の角中と同様にクルーズが2塁狙ってタッチアウト。
7回は2本のヒットに加えフォアボールももらうが、得点出来ず。

なかなか繋がらないけれども、則本を攻略してカードの初戦を取れたのは大きい。
3番4番5番6番がマルチヒットで8安打と当たっているのは心強いけれども、それで4得点しかできないか、というところが逆に残念。

本来マリーンズの売りだったはずの1・2番があまり機能しない点は相変わらず。
加藤は内野安打1本もぎ取ったけれども、打てないのを承知で守備だけのために岡田の方がいいんじゃないか、と思う場面も。

今日は大松が外野で先発だったけれども、大松の場合は起用即結果でないと、もう苦しい。
ハフマンや井上を使った方が可能性という楽しみがある。
全員が抑えられているなら仕方ないが、スタメンでヒット出なかったのは大松一人である。

今江の今シーズン第1号と、逆転タイムリーで決めてくれた
imae_20140411.jpg

吉田のプロ入り初タイムリーも貴重な得点だった
yoshida_20140411.jpg

吉田は凡退してベンチに帰る時も全力疾走なのが気持ち良い。
先日はデッドボールを受けた瞬間に全力疾走し始め、投手を殴りに行くのかと一瞬ビックリしたが、一塁に向かって全力疾走だった。
守備からベンチに戻るときも非常にキビキビと動く。
キャッチャー前のバント処理も手早い。

西野のクローザーぶりが安定しているので、このままいじりたくない気がする。
益田を8回に使っても良いのではないだろうか?
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<15安打放つも24安打打たれ大敗 | 日々の雑学 | 菅野よう子「ゴチソウノォト おかわり」届く>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。