日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
「茜茶(あかねちゃ)」作りました
2014年04月14日(月) 23:04
「茜茶(あかねちゃ)」ってご存知ですか?

ぐぐれば出て来ますすが、アズキを使ったお茶です。

お茶に出したときの色が茜色なので、通称茜茶で、普通にあずき茶とも呼ばれています。

市販品があるという話はぐぐった限りではこのサイトしか出てきません。
そば茶やとうもろこし茶と違ってお茶として売っているものは見かけたことがありません。

まず、アズキをざっと水洗いし、フライパンで乾煎りします。
2014_0314_0006_R.jpg

テカっているのは、アズキから自然に出てくる油分です
2014_0314_0009_R.jpg

だいたい色が黒く変わり切ったら出来上がりです。

麦茶と同じように、ヤカンで煮出すと…
2014_0414_0006_R.jpg

きれいな茜色。

直接あずきの味がする、というわけでもないのですが、なんともやさしい風味なのです。
無糖ですが、なんとーなく、ちょっと甘みを感じます。

何で作ったお茶か?とマスクテストをしたら、多くの人が「あずきじゃないの?」と当てられるだろうな、という程度にはあずきの味はしますが、おしろこをメッチャ薄めたような感じではなく、本当にお茶用にブレンドされたような完成度の高い風味がします。

あずきを炒るというひと手間はかかりますが、おすすめの優しいお茶です。
ノンカフェインですし、高ポリフェノールのようです。

でも、効能よりも味ですね。
とにかくおいしいのです。

これを知ったきっかけは遊佐未森さんのTweetです。

茜茶というつぶやきとともに写真が出ていて、気になって調べてみたのです。

みなさんも茜茶の世界へぜひ。
スポンサーサイト
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<涌井、勝つ | 日々の雑学 | 藤沢周平「霧の果て~神谷玄次郎捕物控」>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。