日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
今日は打線も繋がった
2014年04月16日(水) 22:29
今日は打線もいい所できちんと繋がった。
昨日も2桁安打を打っているのだが、結構苦戦し、今日は今江が腰のはりでスタメンから外れたものの、上位打線、中軸、下位打線と、万遍なく繋がった。

score_20140416.jpg

大松を3年ぶりだか何かで4番に入れ、キャッチャーは里崎を起用。
これが結果的には当たりだった。

1(4)根元
2(8)岡田
3(DH)井口
4(3)大松
5(9)角中
6(5)クルーズ
7(7)ハフマン
8(2)里崎
9(6)大地

というラインナップは、ここでは不要論を何度も書いたクルーズだけれども、今江が離脱すると、やはり根元、大地、クルーズの3人がいるのは心強い。

古谷は立ち上がりは良かったけれども、らしくないピッチングで、5イニングで6つも四死球を与えた。
被安打4とは言っても、古谷らしさは戻って来ないまま、5回のピンチを何とか逃げ切ったところで既に110球投げていたので交代。

松永、益田、ロサ、西野1イニングずつの継投は、この順番この形で良いんではなかろうか。

里崎も吉田との併用で、心身ともに引き締まった形でゲームに臨むのが奏功しているのか、攻守ともに今季は良い感じがする。

チャド・ハフマンも大事な追加点のタイムリーヒットを打ち、清田、荻野貴司が揃って打撃不振でファームにいる代わりを担って余りある活躍。

もちろん井口の2打席連続ホームランは大きかったけれども、贅沢を言えば、ランナーがいる場面で1本欲しかった。

古谷の6四死球に加え、益田がひとつ、ロサが2つと、計9つの四死球を出しており、被安打は5だったけれど、毎回ピンチの連続だった。

コントロールに苦しんだ古谷らしくないピッチングだった
furuya_20140416.jpg

井口は今日2本のホームラン
iguchi_20140416.jpg

何とか借金2まで持ってこれたので、明日も取って弾みをつけたいところだ。

岡本洋介vs藤岡の対戦は開幕2カード目では雨天中止となったが、両者ともに今季先発でずっと行けるのかどうか試金石となる試合になるだろう。

今江が1試合でスタメンに戻れるのかどうかにもよるが、右の岡本洋介なので、また大松4番で行くのか、ファームで11打数9安打2本塁打、打率.818と打ちまくっているブラゼルを上げるということも選択肢だろう。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<復田作業、一段落 | 日々の雑学 | 涌井、勝つ>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。