日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
石川、ホークス打線を零封
2014年04月21日(月) 13:43
一日遅れましたが、昨日、伊東監督はピッチャー入れて10人のスタメンのうち、4人をルーキーで。

7番にファースト 井上晴哉(ドラフト5巡)
8番にキャッチャー 吉田裕太(ドラフト2巡)
9番にサード 三木亮 (ドラフト3巡)
ピッチャーに、今や大黒柱、石川歩(ドラフト1巡)

なにかきっけかが欲しいので、いろいろ試しています、と監督もコメントしていたが、この他にも伊志嶺を今季初スタメンで1番センターに起用。

井上は結果が出なかったけれども、三木にもヒットが出て、吉田はクリーンヒット2安打。

伊志嶺も積極的な打撃が功を奏して、追加点につながるスリーベースヒットが出た。

角中はラッキーなヒット、今季初ホームランを含めて3安打猛打賞。

石川は投球フォームも投球スタイルとしも、大崩する心配がない感じで、アクシデントなくシーズン過ごせば、背番号の12くらいの勝ち星は行けるのではないだろうか。

明日からのバファローズ戦が2連戦ということもあって、今季まだ勝ち星がない唐川を登録抹消。
一回、ローテを飛ばし、一軍帯同のまま調整ということになった。
すぐに唐川の代わりを誰か、というわけには行かないのだが、グライシンガーの復帰時期、やっとピッチングを開始した内竜也の出来上がり具合など、少しずつ様子を見て、ということだろう。

少しは底を脱したかに思える根元、まだちょっと物足りない大地の状態、打率は残しているが勝負と関係ないところで良く打つ印象のあるクルーズ、この辺がもう少し上がってくるといいのだが。

荻野貴司、清田を打撃不振で2軍に落としての戦い。
この2人も、ブラゼルも2軍では打っているのだが、判断は難しいところだ。
今江に復帰はもちろん、荻野貴司、清田、ブラゼルの姿も上で見たい。

ジャイアンツのようにホイホイと補強というわけにはいかないのだが、楽しみな新戦力は出てきているのは確かである。

FAで他チームかた来てもらった経験というのが涌井がはじめてであるこのチームをずっと見て来ているので、ホークスの捕手を鶴岡と細川がやっている姿などが、それで楽しいのか?と思ってしまう部分がある。

自前の戦力の開花をじっくり待ちたい気持ちが大きい。

今や、内容、結果ともに、一番頼りになる石川歩
ishikawa_20140420_2.jpg

プロ初スタメン起用に答えてヒットを打った三木亮
miki_20140420.jpg

吉田裕太の2安打
yoshida_20140420.jpg

伊志嶺はスリーベースヒットでアピール、しばらく使われるのではないだろうか
ishimine_20140420.jpg

そして、安定の角中がホームラン含む3安打
kakunaka_20140420.jpg

ホークス戦今季6戦目にしてやっと初勝利には、イングラムの応援にも力を得たか
ingram_20140420.jpg

真野恵里菜ちゃんの始球式
mano_20140420.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<NHKBS「さあ行こう!里山ワンダーランド」のご紹介 | 日々の雑学 | 新シーズン始まる>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。