日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
6連勝、交流戦5戦全勝で貯金1
2014年05月25日(日) 22:23
不思議なもので、大きなテコ入れをしたわけでもないのに、同じメンバーで調子が上がって来ている。
お金がないのでなかなかシーズン途中での緊急補強とかには動けない球団なのだが、そういう事情もわかった上で、既存の戦力をだましだましうまくやりくりしながら、勝ちを重ねていくあたりが、このチームを応援する醍醐味かもしれない。

score_20140525.jpg

藤岡は、8回のマウンド無失点で立っていた、というのは、今季は大丈夫なんじゃないか、と思わせる出来。
相変わらずフォアボールが多いのは治っていないのだが、ランナー出しても踏ん張れるようになってきた。
7回0/3で被安打5、無失点は立派なもの。
リリーフしたロサが打たれて、藤岡が出したランナーが還ったので、自責点はついたけれども。

打線は3回に、角中がフォアボール、江村がエラーで出塁、先頭に返って荻野貴司にタイムリー2ベースが出て先制。
大地三振のあと、井口は敬遠気味に歩かされてサブロー勝負なのだが、故障明けのサブローに2点タイムリーが出て計3点。

4回にもノーアウトから連打で2・3塁、5回もまたエラーとフォアボールのランナー2人を出すが、得点出来ず。

ダメ押しが欲しかった7回に荻野貴司、井口のヒットの後、サブローの犠牲フライ、クルーズのタイムリー3ベースが出て、待望の追加点。

6点、7点取れててもおかしくない場面はあったわけだが、それでも打線活発な状態は続いていると言っていいだろう。

8回のマウンドにも藤岡が行くが、コントロールがひどくなって、フォアボール、ヒットと打たれてカルロス・ロサに交代。
ロサも打たれてきれいには行かなかったけれども、まあ、良しとしなければならないところか。

先制タイムリーに、7回のチャンスメイクも。荻野貴司
oginotakashi_20140525.jpg

クルーズは7回にタイムリー3ベース
cruz_20140525.jpg

藤岡は投げるたびに良くなって来ているのではないだろうか
fujioka_20140525.jpg

いずれにしても、どんな勝ち方でも、6連勝、交流戦5戦全勝で、貯金1にまで持ってきた。
先発投手本人には勝ちがつかなかった試合もあるが、5人先発投手での試合すべてを勝ったことになり、明日は涌井に戻る。
この調子で行けるところまで行って欲しい。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<都響のコルンゴルト交響曲を聴く | 日々の雑学 | 5連勝で5割復帰>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |