日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
五島列島宇久島での大規模なソーラーシェアリング
2014年06月16日(月) 22:55
長崎県五島列島の宇久島で、日本最大規模となる、ソーラーシェアリングによるメガソーラー発電が企画されている。

「宇久島メガソーラーパーク」と名づけられていて、島の面積の4分の1にソーラーパネルを設置するという。
2015年から建設が始まる予定とのこと。

ドイツの太陽光発電事業者であるフォトボルト・デベロップメント・パートナーズが主体となっていて、日本企業も京セラ、九電工、オリックスの3社が出資を予定し、みずほ銀行も資金調達には絡むようなのだが、主体者はドイツ企業である。

こうして、経済産業省のおかげさまをもちまして、日本企業はどんどん時流に乗り遅れ、将来性あるビジネスを逃していくことになる。

日本最大のソーラー発電事業を行うのがドイツ企業になった、というのは、覚えておいて良いことだと思う。

ukujima.jpg

眼目は、ソーラーシェアリングにすることで、現在耕作放棄地となっている農地にも、ソーラーパネルを設置するとともに、農業そのものも復活させようという点が重要だ。

離島ばかりでなく、中山間地の耕作放棄地の問題を、ソーラーシェアリングをてこに、何とか農地が経済性を発揮できるようにできないか、個人的にも興味のあるテーマなので、宇久島の事例は今後注視したい。
スポンサーサイト
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<お粗末な試合でした | 日々の雑学 | ひどい負け方をした>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。