日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
千葉県、郊外への住宅開発規制へ
2014年07月04日(金) 23:41
千葉県は人口減少社会に対応したコンパクトシティへの転換を目指し、都市郊外での大規模な住宅開発を規制する、とのことだ。

2015年度中に策定を目指す「都市計画区域マスタープラン」に、建物を建てることを認める「市街化区域」を住宅開発を目的としては広げない方針を盛り込む。同時に都市機能を集約したコンパクトシティーへの転換を促す。

 このほどまとめた「都市計画見直しの基本方針」に明記した。住宅や店舗を建設できる市街化区域と、市街化を抑制する「市街化調整区域」の設定は県の権限。15年度にも一部の例外を除き、住宅開発のための市街化区域の新設をやめる。

 同方針をもとに、25年度までの具体的な各地域の都市計画を決めるマスタープランを作る。その後、プランに沿って都市計画手続きが進む見通しだ。これまでは住宅を開発したいデベロッパーや市町村のニーズを踏まえ、市街化区域を広げてきたが、人口減少傾向にある中、都市機能を駅などの周囲に集める方向に政策誘導する。


千葉県内でも、千葉駅以遠の駅から徒歩圏ではない住宅団地などでは、住宅を取得した第一世代が存命の間はさておき、子ども世代はもはや住みたがらない傾向があり、空き家が非常に増えている。

都市的機能を集約していく方向に政策転換されるのは歓迎されるべきこと。

昨年度の「都市計画区域マスタープラン」の千葉市の部分
chibatoshikeikaku.png
スポンサーサイト
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<江戸城天守復元のこと | 日々の雑学 | 「攻殻機動隊ARISE Border:3」>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。