日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
新交響楽団第226回演奏会でした
2014年07月06日(日) 22:05
今日は新交響楽団第226回演奏会でした。

飯守泰次郎先生を迎えて、

ワーグナー:ワルキューレの騎行 (楽劇「ワルキューレ」より)
ワーグナー:夜明けとジークフリートのラインへの旅 (楽劇「神々の黄昏」より)
ブルックナー/交響曲第6番

自分の所属する団体の演奏会を客観的に評価することは難しいという話を毎回書くけれども、今回は自分の所属する団体ではあるけれども、ちょっと歴史に残る名演奏になったのではなかろうか、とブルックナーの最後の和音が響いた瞬間に感じたし、どのメンバーと話しても同様に感じているようだ。

自分がステージにいたワーグナーはさておき、客席で聞いたブルックナーの6番という曲は、なかなか形にするのが難しい曲で、一見意味不明な経過句というか断片というようなものがたくさん出てきたりするわけだが、それらが有機的に一体感のある説得力集中力のある演奏になっていたように思う。

そもそも演奏の機会の少ないブルックナーの6番だが、貴重な経験が出来たように思う。

2014-_0706_nso226_0067_R.jpg

226.jpg

有意義で贅沢な時間を過ごさせていただいた。
スポンサーサイト
別窓 | クラシック音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<5年前の7月7日 | 日々の雑学 | 江戸城天守復元のこと>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |