日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
今日は都川川遊びでした
2014年07月21日(月) 21:53
毎年海の日の恒例行事となっている、都川川遊び。
今回で19回目。

一昨日準備の草刈りをしましたが、直前まで天気や雨量が心配でしたが、今日は天気に恵まれました。

今年は市の教育委員会の後援も得て、市内の小学校にもご案内を差し上げたところ、先週中に参加申し込み希望が殺到し、定員オーバーでお断りをせざるを得ない盛況になりました。

毎年ご参加いただくご家族もいますが、今回はじめてご参加のご家族が多かったように思います。

都川は流域が千葉市内で完結していることや、下流部は千葉市街を通り県庁の前を通って千葉港に注ぐことから、千葉市のシンボル的な河川でもあります。

その中流部の東金街道に沿ったあたりには、周辺の湧き水を集めて、思いの他きれいな流れになっている部分もあります。

この川遊びでは、コースを下見してきちんとルートを定め、川への出入りもしやすいように、草を刈ってハシゴをかけて、と準備をします。

今年はどの家族もたくさんの生きものを獲っていました。

ドジョウ、タモロコ、モツゴ、コイ、メダカ、各種のヤゴ、エビの類、コオイムシやマツモムシなどの水棲昆虫、などなどいろいろ採れましたが、昨年との印象の違いとしては、ドジョウの個体数が非常に多かったように思います。

川の様子も毎年変わりますが、生きものの状態も毎年同じではありません。
毎年定点でこの活動をしているので、環境の変化も体感できます。

管理されていない水場で、子どもを遊ばせることはなかなか簡単ではありません。
今日我々が活動した地点も、事前の下見や、草刈りなどの岸の整備、深みの部分に注意の立て札を立てたり、岸辺と川の中に随所に監視のためのスタッフを置くなどをしているので、家族がふらっと来て遊べるわけではありません。

しかし、千葉市の中心部からほど近いところで、驚くほどたくさんの生きものに出会える、という経験は、子どもたちにも親御さんにも知っていただき、感じていただければ、と思っています。

2014_0721_miyakogawa_0016_R.jpg

子どもも大人も一生懸命です
2014_0721_miyakogawa_0017_R.jpg

水の感触も心地よいものです
2014_0721_miyakogawa_0031_R.jpg

いっぱい採れました
2014_0721_miyakogawa_0049_R.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 里山自然 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<下位打線3発4打点 | 日々の雑学 | 安国寺恵瓊のこと>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。