日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
連夜のサヨナラで5連勝!
2014年08月07日(木) 23:37
間違いなく今季最高のピッチングで、8回まで投げた唐川に勝ちを付けられなかったのは、本当に残念だが、タイで9回裏に入ってからの押せ押せムードは、昨日の雰囲気のままだった。

score_20140807.jpg

今江が腰が痛いということで、大嶺翔太のスタメン、そして井口も打撃不振過ぎて、今日はスタメンから外れ、風邪をこじらせたハフマンに替わって、今日一軍登録されたアジャ井上がスタメン・ファースト、相手が左の潮見だったので、福浦も外れて、デスパイネをレフトの守備につけ、サブローをDHにという布陣。

井口、今江、福浦抜きのラインナップはさすがに寂しい気がしたのだが、開けてみればマリーンズの得点は、大嶺翔太のプロ入り初安打でもある初ホームランだけのまま終盤に。
大嶺翔太は次の打席もヒットを打ち、結局8回までに6安打のうちの2安打を大嶺翔太が打った。

今江がスタメンに戻っても、内野のスーパーサブの地位は固いように思う。
細谷は厳しい立場になった気がする。

追加点が取れなかったこと、序盤、非常に球数を要していた潮見を8回まで投げさせてしまったことも含め、もう少し球数を投げさせていれば、崩チャンスもあったように思うのだが、中盤以降の早打ちで潮見を助けた部分もあったように思う。

期待満載のアジャ井上は、今日も結果が出なかった。
きっかけがあれば、ブレイクするようにも思うのだが。
デスパイネも同様かも。
まずは、内野手の間か外野の前に、きれいな単打が欲しい、デスパイネとアジャ井上である。

そして、大谷智久の安定感は惚れ惚れする。
たまたま調子良いという次元ではなく、完全に一皮剥けたように思う。

10回裏は、加藤翔平のラッキーヒット、角中のサヨナラヒットで決めたけれども、9回に一死満塁から決めきれなかったのも悔しいところ。

唐川がナイスピッチで、涌井でも成瀬

大嶺翔太はプロ5年目にして一軍で初めて打ったヒットがホームラン
ohmineshota_20140807.jpg

ストレートも切れがあり、変化球も良くコントロールされていた今日の唐川
karakawa_20140807.jpg

9回表の西野は当然として、10回表を投げた大谷のピッチングが光った
ohtani_20140807.jpg

角中のサヨナラヒット
kakunaka_20140807.jpg

成瀬、涌井、唐川の3人が形になってくれれば、石川、藤岡の2人は今まで通りで良いし、古谷は勝ったり負けたりでも、6枚の格好がついてくる。

この勢いで、千葉vs埼玉ライバルシリーズの第2段の明日からのライオンズ戦も勢いで制して欲しい。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<目を覆うような試合をしてしまいました | 日々の雑学 | 9回裏5点ビハインドから逆転サヨナラ・ルーズベルトゲームで4連勝>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。