日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
「新体制KARA」いよいよ始動
2014年08月18日(月) 22:34
ニコルとカン・ジヨンが抜けて、残った3人も事務所と良好な関係にあるとは思えず、依然として波乱含みではあるものの、新メンバーの募集、オーディションをやっていたKARAが、ついに、新メンバーであるホ・ヨンジを加えた4人体制での新曲「Mamma Mia」のミュージックビデオを今日公開した。



5人のKARAを見慣れて来た視点からは、偶数になると、フォーメーションが難しくなるなという印象はあるが、KARAは最初は4人だったので、人数の問題は慣れだろう。

ホ・ヨンジは、素のしゃべりを見ていないので、判断は難しいが、色んな人の良いとこ取りをしたような容姿が、諸刃の剣かも、という印象はある。
彼女独自のカラーがどれだけ出せるか、認知度経験値ともに格段に上のお姉さん3人と渡り合っていくのは、なかなか大変だろうとは思うものの、カン・ジヨンは中学生の時に加入したわけだし、そこは頑張るしかないだろう。

5人時代の曲を歌う場合に、どういう風に新しい4人に割り当てるのか、そこら辺がプロダクションワークの腕の見せどころだろう。

従来の5人の時代は、歌い出しをハラとジヨンが担当して、ブレイクポイント、ブリッジになる部分をニコルが担当し、歌い上げる部分を担当するスンヨンとギュリのお姉さん2人に渡すという、お決まりのパターンがあったのだが、それを新体制の4人でどう分担するのか。

kara_mammamia.jpg

kara_mammamia_2.jpg

「Mamma Mia」のミュージックビデオを見ても、ホ・ヨンジのアップのカットは控え目なような気がするし、4人の写真でも、ヨンジのビジュアルをあんまり前面に出さないようにしているのではないか。、という印象はある。
今までのKARAから、あんまりギャップ無しに軟着陸したいということなのかもしれないが。

「Mamma Mia」の楽曲自体は良く出来ていると思うし、いろいろ難しい新体制のスタート曲としては水準には達していると思う。

日本でのプロモーション、特にバラエティ番組への絡み方がどういう感じになるのか、全く先行き不透明だが、ともあれKARA自体が空中分解せずに、新曲のプロモーションが開始されたことは、喜ばねばならないか、と思っている。

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<サヨナラ勝ちしたけれども・・・ | 日々の雑学 | 千葉発の市民エネルギー、ソーラーシェリングで>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |