日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
涌井3安打9奪三振、今季のベストゲームかも
2014年09月03日(水) 22:59
涌井が古巣相手に、8イニング3安打9奪三振、ここ数年のライオンズ時代を含めても、ベストピッチではないかと思われる内容だった。

score_20140903.jpg

球数的には9回も行けないこともなかっただろうが、もはや1試合も落とせないこの時期、9回表を大谷に任せたのは、結果的に大谷がいきなり2安打打たれたとはいえ、涌井の今季初完投よりも勝利優先の選択だったろう。

タイムリー欠乏症に悩んでいたわけだが、今日は2回表は、2アウトから、今江のタイムリー、加藤翔平のタイムリー、伊志嶺の2点タイムリーと3本のタイムリーヒットで、4得点。

中押しも出来て、5回にはまたも伊志嶺のタイムリー2ベース、6回には田村のタイムリーが出た。

クリーンナップが、あまり得点に絡んでいないところは寂しいが、繋いで繋いでの6得点だった。

涌井のピッチングは8回まで、揺るぎなく安定していた。
田村のサインに首を振ることなく、テンポ良く投げ込んでいたのが印象的。
これで涌井はマリンでは0勝5敗だが、ビジターでは6勝6敗まで持ち込んだ。
まだまだ、年俸を考えると、アレだが、それでも、このピッチャーを取った価値はある、と確信させてくれる、今日の内容だった。

これでチームは3連勝。
なかなか数字を見ると厳しいのだが、今日のような試合がある以上、希望を持って行きたい。

涌井、素晴らしいピッチングだった。
wakui_20140903.jpg

伊志嶺も通年1軍にいるとはいえ、なかなか出場機会が少ないのだが、今日は3打点の活躍。
ishimine_20140903.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<谷津田保全の活動協定に向けて地権者さんに説明 | 日々の雑学 | デスパイイね!4位浮上>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。