日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
今江の同点HR、福浦のサヨナラヒットでなんとか連敗ストップ
2014年09月09日(火) 23:09
4試合で押し出しの1点しか取れていないとは言っても、涌井も良いピッチングをしていたし、9回西野は勝ち切って欲しいゲームだった。

score_20140909.jpg

最下位イーグルスが急追して来ており、いつでも最下位に転落する位置にいるのだが、ライオンズ戦を戦っていると、投手陣、打撃陣ともに、レベルの違いを痛感する。

30本塁打を打っている選手が2人もいるチームは、彼らの半分打っている選手さえ一人もいないマリーンズから見れば、とてつもなく怖い。

何度もチャンスありながら、6回の押し出しでしか得点できていなかったことが、9回表の逆転を生んだとも言えるし、投打の噛み合わせの問題だ。

西野は、ちょっと球が荒れた試合が2回続いたので心配だ。

それにしても、福浦。
今日1軍に上げたアジャ井上の代打として、11回裏に見事にセンター秋山の頭上を抜いてくれたが、今日はアンダーハンドの牧田の先発であったから、井上より福浦、という判断があるのであれば、ファーストのスタメンを福浦でも良かったのではないか、という気もするが。
代打でこその福浦の真価もあるが、今日、井上はクリーンヒットを放っているとはいえ、対牧田なら福浦という選択もあっても良かっただろう。

ちょっと不明だったのは、今日はデスパイネのレフトの守備につけ、角中をDH、とそこまでは理解するとして、10回裏の攻撃がデスパイネで終わって、11回表の守備にデスパイネを守備につけたのはどういう意図だったのか?
12回にもう一回デスパに打順が回って来る可能性はあるけれども、11回裏に3つのアウト、12回裏に2つのアウトを取られるまでにデスパに打順が回ってくるには、相当走者が出る前提で、そこまでに決している率が高いように思えた。
伊志嶺をデスパイネの守備固めに出さずに、最後まで守備につけていた意図はちょっと良くわからない。

8回零封ピッチングで完全復活を感じさせた涌井
wakui_20140909.jpg

9回裏、土壇場で追いついた同点ホームランの今江、は、さすがだが、1回の満塁、6回の満塁で、このホームランが出てれば楽勝だったなぁ、との思いも。
imae_20140909.jpg

そして、もはや神の領域、福浦のサヨナラ2ベース
fukuura_20140909.jpg

スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<石川、5安打ピッチングで8勝目、何とか逃げ切り | 日々の雑学 | 9月の自然観察会は雨の中で>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。