日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
涌井、マリン不勝神話継続中
2014年09月21日(日) 20:43
涌井はマリーンズに来て、まだマリン未勝利である。
0勝6敗だが、勝ち負け付かずの試合もあるので、登板数はもっと多い。

涌井だけの責任ではないゲームも結構あったのだが、元々内弁慶の傾向があるマリーンズで、ホームで勝てないピッチャーというのはツラいことである。

score_20140921.jpg

涌井も問題だったのだが、8回途中から投げた藤岡はもっと大問題だろう。
伊藤光に3点タイムリーを打たれたのはさておき、その前の駿太へのフォアボールが問題だ。
原拓也、駿太と左バッターが続くから自分が起用されているわけである。
原拓也には、代打川端が出されたから、それはさておき、駿太にフォアボールとはどういうことなのだろうか?

松永がダメで、服部を上げたものの、中後も含めて、今季のこの3人は、ダメだから下げて、仕方ないから代わりを上げるの繰り返しである。
そんな中で先発失格という判断で中継ぎを任されている藤岡には、少なくとも左バッターは何とかして欲しいわけだ。

今日はFOXのテレビ解説はコミさんだったのだが、結局藤岡の一番良かったときは、ルーキーイヤーの開幕当初の少しの期間、もっと言えば東洋大時代の方がもっとスゴかったと言っており、確かにそうなのかもしれない。

ドラフト前はものすごい騒がれ方をしていた藤岡だが、この状況を見ると、何とも情けない。

涌井は、あと一回登板チャンスがあると思うが、果たしてマリンで勝てるのはいつになるのか。
wakui_20140921.jpg


スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<「エコメッセinちば」でした | 日々の雑学 | 今日はパ・リーグは全試合サヨナラ>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。