日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
ドラフト会議でした
2014年10月24日(金) 00:01
さて、2014ドラフト会議、無事怪我もなく終了しました。

大嶺翔太も高濱も一軍で結果を出し始めているので、一巡目がピッチャーじゃなかったのは、ちょっと予想外だった。
先発投手も6人揃わず、四苦八苦していた現状を考えると、1巡目はまずは投手を獲るのではないか、と予想していたが、伊東監督によれば、智弁学園高岡本和真か、中村奨吾か、という選択だったうようで、内野手で行く方針ではあったようだ。

一巡目は大学生野手としては、No.1のポテンシャルがあると思われる中村奨吾。
下級生の頃に比べると、直近は少し調子を落としていたけれども、セカンドを外国人で埋めている現状を考えると、ポスト井口という位置づけなのだろう。
下級生の時は外野手をやっていて、現在のセカンドは最近作ったセカンドだが。
アジャ井上がファーストに定着してくれれば、今江の引退までは、盤石の内野陣が出来上がるという筋書きなのだろう。
ポスト今江にも大嶺翔太が急成長しているし。
ここまで、荻野貴司、伊志嶺といった野手を1位指名してきたけれども、中村は彼らよりもパワーもあるバッターだろう。

1位指名選手
中村 奨吾(なかむら しょうご)
内野手 早稲田大学
投打 右投右打
担当 諸積兼司スカウト ひとこと コメント
走攻守3拍子揃った即戦力内野手。巧みなリストワークが特徴で、パンチ力もあり反対方向へもホームランを打てる。
将来的には井口のようなタイプの選手に成長してくれることを期待したい。ルックスも抜群でスター候補生。
nakamura_20141023.jpg


2位指名選手
田中 英祐(たなか えいすけ)
投手 京都大学
投打 右投右打
担当 下敷領悠太スカウト ひとこと コメント
ダイナミックなフォームから最速149キロの威力のある直球を投げる右腕。カーブ、スライダー、フォーク、チェンジアップ、カットボール、ツーシームと変化球も多彩で、さらなる伸びしろ十分。打者に向かっていく姿勢が素晴らしい。
京都大学出身初のプロ野球選手で工学部出身。ルックスもよく話題と実力が伴ったID右腕。
tanaka_20141023.jpg


3位指名選手
岩下 大輝(いわした だいき)
投手 星稜高等学校
投打 右投右打
担当 小野晋吾スカウト ひとこと コメント
甲子園では最速146キロをマークした総合力のある将来性豊かな投手。
将来は投手陣の柱となりうる可能性を秘めている。
iwashita_20141023.jpg


4位指名選手
寺嶋 寛大(てらしま かんだい)
捕手 創価大学
投打 右投右打
担当 井辺康二スカウト ひとこと コメント
思いきりがよく、パワーのある打撃が特徴で勝負強さも兼ね備えている。
大学時代は東京ヤクルト・小川投手とバッテリーを組むなど捕手としても多くの経験を積んでいる。主将としてチームを引っ張るなどリーダーシップも兼ね備えている。
terashima_20141023.jpg


5位指名選手
香月 一也(かつき かずや)
内野手 大阪桐蔭高校
投打 右投左打
担当 下敷領悠太スカウト ひとこと コメント
広角に鋭い打球を放つ左の強打者で打撃センスは高校生の中でトップレベル。
パンチ力もある。強肩で動きも軽く二塁手、三塁手の守備をこなせるユーティリティーなプレーヤー。スローイングが光る。
katsukikazuya_20141023.jpg


6位指名選手
宮崎 敦次(みやざき あつし)
投手 広島国際学院大学
投打 左投左打
担当 鈴木皖武スカウト ひとこと コメント
171センチと小柄だが、左腕から140キロ中盤のキレの良いストレートを投げる。
変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ。細かい制球力を磨けば、貴重なリリーフとして活躍が期待できる。
miyazaki_20141023_2.jpg


7位指名選手
脇本 直人(わきもと なおと)
外野手 高崎健康福祉大学高崎高校
投打 右投左打
担当 諸積兼司スカウト ひとこと コメント
パンチ力があり、ミート力も高く、足も速い。積極的な走塁、打撃が持ち味で、走塁に対する意識の高さも評価。
今年の夏の甲子園を沸かせたヒーロー。その打法、特に追い込まれた時の打法は、まさに角中二世。
wakimoto_20141023.jpg

角中の打ち方にそっくりだな。

ドラフト7巡目まで指名したが、育成ドラフトは1名も指名しなかった今年のマリーンズ。
かつて2008年の育成ドラフトでは8名を指名して、その5位が西野、6位が岡田幸文という、いなかったら、どうなってるんだという育成選手だっただけだが、今年は指名せず。
現在育成選手も少ないので、これはちょっと寂しかった。

各選手の活躍を祈るばかりである。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<フェニックスリーグ順調 | 日々の雑学 | 明日はドラフト会議>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |