日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
今日は籾摺りでした
2014年11月15日(土) 23:13
今日は千葉市農政センターで籾摺りでした。

籾摺り機は電動なので、いつもの田んぼには電源がなく、オフグリッドを組むことも考えたのですが、準備・撤収の時間が取れないこともあり断念。

千葉市農政センターの一角をお借りしての籾摺り。
籾摺りは籾殻が結構な範囲に飛散するのと、籾摺り機自体の駆動音も大きく、庭があっても、個人宅でやるのはちょっとはばかられる作業です。

籾が取れて、玄米が出てくる籾摺りは、お米作りのステップの中で一番収穫の実感を感じられる作業ではないでしょうか。

緑米は収穫の時期がちょうど良かったと見えて、昨年よりも緑色がしっかり出ました。

黒米は籾摺りしてみると、結構黒くないお米も混じっていて、どうしても狭い面積で少量ずつ作っていると、播種時、田植え時、稲刈り時、脱穀時と、年々混ざっていってしまうのは仕方がないことです。
種籾を新たに購入した方が良いのではないか、という話が出ました。

収量は、稲刈り時には、豊作気味かと思ったのですが、玄米にしてみると平年作。
お米の収量のためにやっているわけではないので、いいのですが、やはり多いに越したことはないですけども。

子どもたちも熱心に手伝ってくれました
2014_1115_momisuri_0006_R.jpg

2014_1115_momisuri_0010_R.jpg

黒米
2014_1115_momisuri_0022_R.jpg

私が今年新たに開墾したところのお米は、脱穀機の中に混じっていたいろいろのお米とミックス
2014_1115_momisuri_0024_R.jpg

今年度のお米作りの作業は、これにて一応終了で、あとは収穫祭を残すのみ。
スポンサーサイト
別窓 | 里山、谷津田、棚田 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<今日は千葉市と一緒に森の手入れでした | 日々の雑学 | 日米野球、初戦先勝>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。