日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
イ・デウン投手らと契約
2014年12月25日(木) 22:40
シカゴ・カブス3Aのイ・デウン(李大恩)投手を獲得する、というニュースは11月に一回出ていて、その後動きがないので、ダメになったのかと思っていたが、今日、正式に球団から正式契約した、という発表があった。

イ・デウンは、150km/hを投げる本格派右腕、韓国の高校を卒業後、韓国のプロリーグを経験せずに、渡米している。
メジャーには上がれていないのだが、まだ25歳。
今季の新人王ルーキー石川と同学年であり、誕生月ではほぼ1年若く、ルーキーを取ったと思っても良い年齢だ。
188cmから投げ下ろす角度のある球は、今シーズンのテネシー・スモーキーズでの投球の動画を見ても魅力的。


韓流スター並みのイケメンぶりも期待値の中には入っている
lee-daeun.jpg

また、今日、同時に、ベイスターズを自由契約になった、台湾の陳冠宇(チェン・グァンユウ)投手との契約も発表された。
ドラゴンズを戦力外になった矢地健太と一緒に、秋季キャンプでテストを受けていたので、矢地の契約が発表された時に何もなかったので、こちらもナシかと思っていたが、今日契約が発表された。
ベイスターズでは、育成選手から今季支配下登録され、1軍では1試合しか投げていないので、陳冠宇は24歳ということもあり、今後の成長を期待しての獲得か。
陳は、台湾の国立体育大学に在学中のまま、休学してベイスターズに入ったはずなので、その辺のところは、今後どういう形にしていくのか?

李投手、陳投手ともに、背番号は未定、とのことだ。

これで、外国人枠は、デスパイネ、クルーズ、カルロス・ロサ、イ・デウンで、埋まり、チャド・ハフマンのとの再契約は残念ながら非常に難しくなった。

さらに今日、スワローズにFAで出て行った成瀬の保障は、人的保障ではなく、金銭で受け取る方針であることも報道された。
いろいろと金が要るのはわかるが、名簿に魅力的な選手がいなかったということなのか。
ちょっと夢がなく、残念な話である。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<「小湊鐵道フォトさんぽ」 | 日々の雑学 | シンガーソングライター・岡地サリ ライブでした>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |