日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
打線活発で打ち勝つ
2015年04月12日(日) 23:59
開幕から、とにかくカード全敗だけはしていないので、初戦を取られた2連戦はなんとしても勝たねばならない。

score_20150412.jpg

この日は台湾デイということで、開幕から2勝負けなしで来ている郭俊麟は勝ちたかっただろうけれども、初回はいきなり押し出しで先制させていただいた。

2回は今日スタメンの吉田からだったが、いきなり2ベースヒットで起点を作り、9番清田がバントの構えからバスターでメヒアの頭を抜くライト前ヒット、吉田は2塁からホームイン。
先頭に戻って、根元がフォアボールで1、2塁、荻野貴司が送って、2、3塁として、角中のファーストゴロの間に清田がホームイン。4番今江レフトへタイムリーで、4-0。

イ・デウンはランナーも出し、5イニングで4失点するのだが5三振も取れていて、良い球は来ている。
打線が中押し、ダメ押しと、間断なく得点、残塁も少なく効果的に攻めてバックアップ出来た。

ライオンズは郭俊麟を2イニングで諦め、継投に入るが、3人で抑えられたのは3回だけで、岡本洋、バスケス、武隈からも得点をあげることが出来た。

打線が低調になって来ているか心配になってきていたが、まだまだ打てている。

1番根元はノーヒットだったが、
荻野貴司、センター前ヒットとフォアボールからの盗塁
角中、3安打2打点
今江、3安打1打点
井口、1四球2安打
クルーズは7回の2ベースだけだったが、得点に繋がっている
大地だけは相変わらず蚊帳の外で5-0
吉田、2安打3打点
清田は、結局初回のバスターのヒットだけだった。

デスパイネがこの日の練習から1軍帯同。
14日のファイターズ戦から出場とのことだが、代わりに誰を落とすのか気になるところ。
そういう意味では清田ももう一本出しておきたかったところだ。

8回には井口の代走に入っていた中村奨吾がヒットを打ち、プロ初打点をあげた。
中村が打撃で結果を出せると、大地を一度スタメンから外しても、という気もしてくる。

正捕手争いは田村か吉田か。
インサイドワークのことはなかなか良くわからないのだが、今日吉田が3打点をあげたことを考えると、途切れない打線という意味では、吉田は魅力がある。

次のカード、ファイターズ戦が、序盤の一つの山場だろう。

イ・デウンは、もう少し制球まとまり、球数少なくなると良いのだが
rhee-daeun_20150412.jpg

田村も可愛いが吉田の打撃は魅力
yoshida_20150412_2.jpg

デスパイネが来るまでの臨時の4番としては、100点満点で2000点くらいの出来ではなかろうか
imae_20150412.jpg

中村奨吾が8回にプロ初打点
nakamurashogo_20150412.jpg

スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<首位ファイターズ戦、初戦を快勝! | 日々の雑学 | 福浦の2発のホームランで貯金1>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。